baggage-500x130 baggageとluggageの違いよりも大事なことがあるの知ってるよね?

baggageとluggageの違いって何???

おそらくこのページを見て頂いているということはこの疑問にぶち当たっているからであろう。

もしかすると既に他のサイトで答えを見つけてしまっているかもしれないが、本記事ではどんな違いがあるのか、そしてWeblioやOxford英英辞典ではどのように説明されているのか紹介しようと思う。

さらに両者の違いよりも覚えておかなければならない大事なポイントがあるので是非とも忘れないようにインプットしておきたい。

初めに断っておくが大事なことだけチェックしたい場合は最後のまとめとその直前のパートを参照いただきたい。

そもそも何か違うの?

私もあなたと同じようにbaggageとluggageの違いを知りたくなった人間だからその気持ちはよく分かる。

何で同じ荷物という意味で似たような単語があるんだ!!どっちか1つでいいじゃないか!しかも似たような綴りになっているし!!

ちょっとググれば親切に解説している人の情報をチェックできるので改めて言う必要もないかもしれないが、まとめるとbaggageもluggageも同じものだと考えて問題なさそうだ。

Yahoo知恵袋でも同じような相談が寄せられており違いはないという回答が行われている。

なお、いろいろなサイトを確認してみると大まかに分類して次のような違いに触れている。

baggage —>主にアメリカで使われる
luggage —->主にイギリスで使われる。イギリスではbaggageも使われる

baggage —> 荷物の入った入れ物
luggage —-> 入れ物自体

こういった理由からお店でluggageを購入することはできるがbaggageを購入することはできないということを紹介してくれている人もいる。

なるほど、オシャレなお店に行って「このステキなbaggageが欲しい」と言わない方が良いということは覚えておこう。

× I want this baggage.
○ I want this luggage.

Weblioではbuggageとluggageはどんな感じ?

私が愛用しているWeblioではそれぞれ次のように意味が記載されている。

baggageにはなんだかたくさんの意味が含まれていて、さらにluggageに関しても言及されている。

baggage

手荷物、軍用行李(こうり)、因習、古くさい考え、「お荷物」、おてんば(娘)、うるさい老婆

《主に米国で用いられる》 手荷物 《★【比較】 《主に英国で用いられる》 では通例 luggage を用いるが,船や飛行機の旅行の荷物は baggage を用いる; ★【類語】 parcel は運搬・郵送用に紙で包んでひもで結んだ小包》.

 

一方、luggageはあっさりした感じだ

luggage

旅行かばん、手荷物

たったこれだけ。baggageとの比較などについて言及されていない。

Oxford英英辞典

baggage

1Personal belongings packed in suitcases for traveling; luggage.
1旅行のためのスーツケースに詰め込まれた個人用品。 荷物。

 

luggage

Suitcases or other bags in which to pack personal belongings for traveling.
旅行のために個人用の荷物を梱包するためのスーツケースまたはその他の袋。

※日本語訳はgoogle翻訳をベースにしている。

このように英英辞典を見ても次のようにメインとする対象が明確に異なっている。

baggage —>  スーツケースに詰め込まれたもの

luggage —-> スーツケース自体

ここまで見てくると何となく概念的なもののイメージが脳みそに定着してきている感じがする(気のせいかもしれないが)。

違いを気にするのは日本人だけじゃないかも!?

Merriam-Websterという英語のサイト。ここでこんなタイトルの記事があった。

What’s the Difference Between Luggage and Baggage?

英語圏の人もやはりこの2つの使い分けみたいものに興味があるのかもしれない。

google翻訳をベースに日本語訳をお届けするが、両者はほぼ同じであるものの、baggageの方がluggageよりも多くの意味を持っているようだ。

‘Luggage’ and ‘baggage’ are unusual in that they’re near-perfect synonyms of each other. However, ‘baggage’ has several additional meanings which ‘luggage’ does not share.
「Luggage」と「baggage」はお互いのほぼ同義である点で珍しいです。 しかし、「baggage」にはいくつかの意味がありますが、「luggage」は分かちません。

それが比喩的な使い方で、「重荷」のような状態を表すときにはbaggageを使うのだろう。

The major difference between baggage and luggage isn’t in the concrete meaning but in the figurative meaning: we say “emotional baggage,” “political baggage,” and “personal baggage” to refer to intangible things that get in the way—but luggage is never used in this way.
baggageとluggageの主な違いは、具体的な意味ではなく、比喩的な意味です。
“emotional baggage,” “political baggage,” and “personal baggage”のような実体のない言い方をするbaggageに対してluggageにはこのような言い方はありません

また、baggageの語源についても触れられている。

the original meaning of baggage in French was “the equipment of an army,”
baggage の本来の意味はフランス語で「軍隊の装備」だった

概念的なものとしてbaggageがこのようになっているのもうなずける。

baggage —>  スーツケースに詰め込まれたもの

luggage —-> スーツケース自体

数える時の注意事項

さて、そんな荷物を表すbaggageとluggageだが、はっきり言って意味の違いなどよりも覚えておかなければならないことがある。

それは2つとも不可算名詞として使う必要があると言う点だ。

ようやく本記事の本題に突入することができた、と言っても私が伝えたいことはこれだけだ。

複数形を表現したいとき末尾にsをつけないで、このような表現をする必要がある。

a piece of baggage(or luggage)
three pieces of baggage (or luggage)
some pieces of baggage (or luggage)

いじわるな文法問題のテストで出てきそうな感じがする。

まとめ

厳密に言うと差異はあるものの、ほぼ同義の言葉として利用して問題なさそうだ。

つまりbaggageとluggageに違いはないと覚えておいて良いだろう。

ただ、この記事を全部読んでいただいてのであれば、大まかな概念のイメージが付いたはずだ。

微妙な差異を上手に表現できればカッコいい。

が、大事なことはどんな違いがあるのかではなく、不可算名詞であるという点であることは忘れないでほしい。

間違えても s をつけることはないようにしてほしい。

スポンサードリンク