私がTOEIC学習のために利用している有料アプリ。

TOEICスコアを効率的にアップさせることに特化したアプリで、嬉しいことに私のスコアも着実にアップ中!

そのアプリの中で、こんなセンテンスが出てきた。

please find enclosed a standard contract,

(同封の標準契約書をご覧いただき・・・・)

日本語の意味は違和感ないのだが、enclosedの位置にバリバリの違和感を感じるのは私だけではないだろう。

例えば、この語順

please find a standard contract enclosed,

これであれば、

find(V) + a standard contract(O) + enclosed(C)

という構造が即座にイメージできる。

enclosedがおかしな位置にあって文法的に間違ってるような・・・、という疑問を解消したというのが今回のお話。

なお、enclosedの他にattached(コチラの方が用例としては多いのかも?)も同じ感じになっている。

 文法構造が理解できない・・・・

V+O+C の語順であれば慣れ親しんでいるので理解できるがこのフレーズはとても悩ましい構造になっている。

ぶっちゃけて言うと文法構造が分からなくても「契約を見て」という意味なのだろうということは察しがつくが、疑問に思ったことや不明点は地道にしっかりとクリアにしておきたいもの。

そこでいろいろとリサーチしたのだが、ズバリの内容を見つけることはできなかった。

そのため、私の結論としては、どうやらこの言い回しは

ビジネス英語で利用されている表現

としてそのまま覚えるのが良さげで、これ以上リサーチしても正解は導き出せそうにないのでこのフレーズについては慣習的なものとして意識しておく。

ただし、ズバリの情報は見つけられなかったものの、とても参考になる情報がネット上にいくつかあった。

本来?という言い方は適切ではないかもしれないが、今回の文章は関係代名詞を使った以下の文章を考えると文法的に説明ができるらしい。

Please find a standard contract that is enclosed,

「らしい」と書いたのは、どの情報を見ても断定しないで「おそらく」とか「だと思われる」という言い方で表現しているからだ。

いくつかチェックした中で私が一番分かりやすいと感じたのがNaoの英語ノートブックというサイト。

 → https://blog.goo.ne.jp/nnishimu/e/742966ae1f0d96658c89adfbd2515dfc

文のある一部を強調するために前に持ってくる技法「前置」はとても勉強になる。

 さらにこんな使い方もあるから迷惑だ

attached please find ~

enclosed please find ~

yahoo知恵袋で相談している人いた。
 → https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10158222775

単語さえあればどんな語順でも通じるのか!と言いたくなってくるレベル

「同封の~」とか「添付の~」はやっかいなフレーズであることは私の中では確定している。

 ちょっとネイティブっぽく見える言い方

そんな混乱フレーズをネイティブっぽく言う用法があった。

この文章に、

please find attached the file you requested

kindlyを加えるのだ。

please kindly find enclosed a standard contract,

このフレーズはビジネスの場において使われるものであるため、kindly を含めるだけでより丁寧な印象を相手に与えることができる。

一歩先を行くビジネスマンになるため、是非とも kindly を添えてこのフレーズを使いたいものだ。

 まとめ

このままのフレーズで覚えておくのが吉、という結論に辿り着いた。

なんじゃこの並びは!!
これ、どんな文法構造になってるんだ!!
この文法、間違ってっるぽくない??

と、TOEIC特化アプリの誤植を疑ってしまった自分が恥ずかしい。

ただ、どうやらこのフレーズはビジネスの場でのみ使われるもので、且つ古めかしい言い方として捉えられている面もあるらしい。

あえて、日本語で考えるならば

承知いたしたでござる

みたいなものかもしれない。

スポンサードリンク