時間のない社会人が英語、英会話、リスニングを勉強するために効率的に時間を使うことが重要であることは間違いない。

まとまった時間を確保できることがベストではあるが、スキマ時間を最大限に利用して英語学習することも忘れてはならないと考える。

電車やバスに乗っている間や待ち時間、会社でランチを食べた後などにスマホアプリを利用して有効なスキマ時間にしたい。

今回はiknowという英語学習アプリが役に立つのか検証したが使ってみて分かったことが5つある。

1つ目 思いっきり使うには有料となる

iknowではこちらの画面のように自分の学習したいコースが選択可能となっている。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

ただし、 無料で利用できるのは5回まで となっているため、チョイスしたコースを始める際にはこのような警告が表示される。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

無料の5回が終了するとプレミアム登録を促される仕組みだ。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

プレミアム登録するならば12ヶ月プランを選択するのがお得だが安易に手を出さずに必要性を吟味したい。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

2つ目 モチベーションを維持しやすい

しかし、このiknowというアプリは英語学習のモチベーションをキープする仕組みが秀逸だ。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

見てもらえれば分かると思うが、学習時間や進捗度合い、それから連続学習日数までチェックできる。サボりがちになりにくいように工夫されているiknowアプリのインターフェースはありがたいとしか言いようがない。

目に見える形で視覚的に自分の勉強時間などが把握できればモチベーションがキープできることに加え、リマインダーの機能も有効に活用しないともったいない。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

3つ目 スピードクイズはかなり頭がリフレッシュできる

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

数ある学習コースの中で、スキマ時間に最適だと私が感じたのがこのスピードクイズ。単語の意味などを制限時間内に答えるものだが、英語の瞬発力が鍛えられそうだし、頭の体操にも役立ちそうで気に入った。

 

4つ目 リスニングは最後の単語が聞き取りづらい

このListening学習

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

出題分の数や再生スピード、回数が選択できるものになっている。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

例えば、I only listen to pop music.という音声が流れてくるのだが、最後の単語が非常に聞き取りづらいケースが少なくない。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

つまり、musicの部分が途中でブチっと切られているような形になるので、何を言っているのか分からない。もしかすると私のリスニング弱者っぷりが発揮されているだけなのかもしれないが、明らかに「music」の「mu」くらいで音声が途切れている印象を受ける。

そんなケースがいくつかあったのが気になった。

 

5つ目 シャドーイング機能は間違いなく嬉しいが・・・・

それからリスニングのオプション設定でシャドーイング練習ができるよう設計されている点も嬉しい。このオプションを有効にすると英語の音声が流れた後にシャドーイングする時間が挟まるので練習にはもってこいの機能となっている。

iknow_1-300x480 【スキマ時間】おすすめ英語アプリiknow検証で分かった5つの事

 

私は再生回数を3回、シャドーイングをONにセットして検証した。

1回目は何を言っているのか集中してリッスンし、2回目で自分が聞き取った内容が合っているのかチェックしつつシャドーイング。ここまでは目を閉じて全神経を耳に集中させた。そして3回目でスマホの画面を見て聞き取れた内容が正しいのか答え合わせする形で利用してみた。

一言一句、自分の聞き取れた内容が合っていた時の喜びはリスニングを鍛えたいと思っている人にも味わってもらいたい。

 

しかし、問題点はある。

聞き取った内容を自分でも声に出して言ってみてはいるが、果たして相手に通じる発音になっているのか分からないということだ。

小さな子供が「きいろ」と言っているつもりでも大人である私たちには「い~ろ」と聞こえてしまうシチュエーションと似ているが、自分の発音が正しいか、相手に伝わるのかをチェックしないことには、せっかくのシャドーイング機能も100%の効果を発揮できずもったいない。

 

英会話スクールやオンライン英会話なども視野に入れないと難しいのかもしれないが、人工知能が発達しつつある現在のテクノロジーでどうにかシャドーイングの音声がOKなのかNGなのかを判別できるような仕組みがあれば心の底から喜びが湧き出てくる。

 

まとめ

いくつか不満めいた事も言ってしまったが、本気でリスニングを上達させたいと考えているからこその意見であることでご容赦頂きたい。

総合的な評価としてiknowアプリは英語学習のためには利用する価値が高いことは間違いない。ただし、ネックとなるのは有料であるところだ。

おそらく無料でここまでの機能を実現するのは不可能だろうからリスニングスキル上達を効率的に進めていくためには有料アプリの利用も検討が必要であると感じた。

ただし、他にも利用価値のあるアプリがないのか比較検討してから結論は出したい。

スポンサードリンク