mikan-sse-500x311 【英単語アプリ2強】mikanとスタディサプリEnglishを徹底比較してみた

私の目標はリスニング力のアップだが、英単語を知らないことには論外だし、たくさん知っていることによるデメリットは何もないので平行して英単語の勉強も必要だと考えた。

そこで、英単語を効率的に学習するために最適なスマホアプリを探して10個ほどインストールしてみた。

ただ、どんなアプリが良いのか分からなかったためインターネットで「おススメ」「定番」「最強の」「厳選」「マジで」と豪語している情報を主に参考にした。

が、残念ながら私には合わないアプリもありインストールして3分後くらいにはアンインストールしてしまったアプリもあった。十人十色で人それぞれ好みがあるのでその点は仕方がない。

英単語力アップするための2強アプリ

10個ほど検証した中で、私が英単語を学習するために利用するアプリとして「これはイケル!」と感じたものは2つあった。

それがmikanとスタディサプリEnglish英単語だ。

詳しい内容は こちらの記事で解説しているので是非ともチェックして欲しい。

英単語を効率的に覚えたい?それならスキマ時間にmikanアプリで決まり!!
【無料アプリ】スタディサプリEnglish英単語の効果的な使い方を考えてみた!

他のアプリとはレベルが1段も2段も違うもので 私の中では英単語アプリはこの2つで十分であり2強と評価したくなるほどだ。

この2強アプリ、mikanとスタディサプリEnglish英単語を3つの項目で徹底比較してみる。

  • – リスニング向上度
  • – 苦手単語克服度
  • – スキマ時間利用度

 

リスニング向上度

画像番号も合わせてお伝えするので、このページとそれぞれのアプリを紹介した記事のページを表示させながら読み進めるのがおススメだ。

英単語を効率的に覚えたい?それならスキマ時間にmikanアプリで決まり!!
【無料アプリ】スタディサプリEnglish英単語の効果的な使い方を考えてみた!

さて、英単語学習でリスニング?と感じるかもしれないが、どうせ覚えるなら単語の意味だけでなく合わせてリスニングも鍛えたいところだ。

これが一昔前の手書きの単語カード(私も受験時代に作成した)では実現不可能なスマホならでは機能と言える。

mikan( 画像3 )

単語が出題されるときに合わせて発音も流れるので一石二鳥だ。

単語を利用した例文のリスニングもチェックできるのだが、他のサイトへ移動する煩わしさがあるので満点をあげることはできない。

1.単語の横にある例文をタップする

mikan-sse-500x311 【英単語アプリ2強】mikanとスタディサプリEnglishを徹底比較してみた

2.Weblioというサイトで例文をチェックできる

mikan-sse-500x311 【英単語アプリ2強】mikanとスタディサプリEnglishを徹底比較してみた

スタディサプリEnglish英単語( 画像10 )

で紹介したように、英単語のリスニングは当然のことながら、単語を使った例文のリスニングも聞くことができるのは秀逸。

アプリ内で聞くことができる点、さらに自分が聞きたいタイミングで発音を聞くことができるのでポイントが高い。

ここがmikanと比較した場合の優れている点となるが、発音マークをタップすれば繰り返し何度でも聞きたいだけ聞くことができるので秀逸と評価させて頂いた。

苦手単語克服度

どうしても覚えられない単語、覚えにくい単語があるだろう。

あれほど書いたり声に出したりして覚えたはずなのにテストになるとキレイさっぱり記憶から消去されていた、なんていう苦い経験をしているのは私だけではないだろう。

そんな単語を覚えるにはしつこいくらいに繰り返し何度も覚えるしか方法はない。そのためには苦手な単語だけを集中的にチェックできる機能が求められる。

mikan( 画像10 )

4つにカテゴライズされている点が特徴であり素晴らしい機能だ。

  • – 完璧に覚えた単語
  • – ほぼ覚えた単語
  • – うろ覚えな単語
  • – 苦手な単語

学習の進め方にもよるが、一通り全ての単語をチェックした場合に相当数が苦手な単語に分類されることもあるだろう。

しかし、あとは愚直にその数を減らすのみ。減らす度に自分の成長を感じられるはずだ。

スタディサプリEnglish英単語 (画像11)

苦手克服道場で苦手な単語がなくなるまで繰り返し覚えるだけ。

ただそれだけなのだが、私がこのアプリの優れている点を力説したい。

苦手克服道場を開いたときに「苦手克服する」ではなく、もう1つの「苦手単語一覧」を選択する。

3.表示される苦手な単語をタップするとこの画面に移動する。

mikan-sse-500x311 【英単語アプリ2強】mikanとスタディサプリEnglishを徹底比較してみた

4.開いている目のマークをタップすると・・・

mikan-sse-500x311 【英単語アプリ2強】mikanとスタディサプリEnglishを徹底比較してみた

このように英文も、その訳文も隠れるのだ。

覚えにくい単語は例文の中で覚えこませる方が記憶に定着しやすいし、その例文の画面をスムーズにストレスなくチェックできる。さらに画像4のようについでにリスニングの特訓もできるのだから文句のつけようがない。

スキマ時間利用度

ちょっとした合間にちょっとだけ勉強したいという場合が結構ある。そんな時の利用のしやすさについて比較する。

mikan(画像12)

1回に学習する単語数で10単語ずつ調整できる。

じっくり長めの時間がとれる場合は20単語や30単語に設定すれば良いし、2,3分だけやりたい場合などは10単語に設定変更すればよい。それが簡単にできる。

スタディサプリEnglish英単語(画像8)

トレーニングの中でwritingは1分30秒ほどかかったが、他は1分程度もあれば各テストは終わる。

スキマ時間に1つだけテストするという利用方法でも良いし、10分ほど時間が空いたのであればテストに加えて苦手な単語の復習や例文チェック、さらには英文が表示されない状態でリスニングすることも有効な時間の使い方になる。

まとめ

このようにどちらも素晴らしいアプリであることはお分かり頂けたかと思う。これが2強アプリと私が評価している理由だ。

優劣をつけるのは非常に難しいがどちらか1つだけを選ぶのであればスタディサプリEnglish英単語をチョイスしたい。リスニング強化をベースに考えた場合はスタディサプリEnglish英単語は素晴らしすぎると感じているからだ。

ただ繰り返しになるがmikanも素晴らしいのでこの記事を書いている時点で私のスマホには英単語学習アプリとして2つ入っている。

スポンサードリンク