moreless-500x281 【英語で何て言うの?】友達以上恋人未満のmore thanに腹が立った件 
今回は「以上」「以下」「超」「未満」を英語で何て言うのか調べていたら「友達以上恋人未満」というステキなフレーズに出会った話をしようと思う。
 
over friend,under lover ???
 
私の脳裏にとっさに出てきたフレーズはこんな情けないものだが、皆さんは「友達以上恋人未満」を英語で言えるだろうか。
 
そもそも日本語で考えた場合でも 「以上」「以下」「超」「未満」はややこしくて立ち止まってしまう人が少なくないと思うので、まずはそこから整理していこう。

 10以上/10以下/10未満の中で10を含むのはどれなのか問題

英語で何て言うのかを理解する前に、ここはしっかりと抑えておかなければならない。
 
偉そうに言っている私だが一瞬考えないと即答できない。
 
私の頭の中では・・・・
 
「10未満は10は入らないな」
「だから10以上とか10以下は10が入る」
 
といった具合に2ステップの思考が発生する。
 
覚え方は人それぞれあると思うが、おさらいすると対象の数字を含むのが「以上」「以下」となる。
10以上10、11,12,13・・・・
10以下10,9,8,7・・・・
 
10→11,12,13・・・・
10未満→9,8,7・・・・
 

「以上」を英語で言うと?

  • or more
  • or above
  • or over
  • not less than
 

例文

I recieive 100 or more direct mails a week.
(私は1週間で100通以上のDMを受け取る。)
 
この場合は100通かもしれないし101通かもしれないし、140通かもしれない。
 
I have not less than 1,500 yen today.
(今日私は少なくとも1500円は持っている。)
 
1500円って・・・いっちょまえの社会人が言うセリフではないが、この場合、財布には最低でも1000円札1枚と500円玉1個は入っていることになる。
 

「以下」を英語で言うと?

  • or less
  • or below
  • or under
  • not more than
  • less than or equal to
  • not greater than

例文

My deposit is 10,000 yen or less.
(私の貯金は10000円以下です。)
 
私の周りの社会人に貯金はしないヤツがいますが・・・この場合は10000円は貯金しているもかもしれないし、9999円かもしれない。
 
I can pay not more than 300 yen.
(私はマックス300円しか払えません。)
 
かなり苦しい生活をしている例文ですが、300円は払えるという意味。
 

 「超」「より上」を英語で言うと?

  • more than
  • over
  • above
  • greater than

例文

I want to marry more than one woman.
(私は2人以上の女性と結婚したい。)

 「未満」を英語で言うと

  •  less than
  • under
  • below

例文

I have a child of less than 2 years old.
(私には2歳未満の子供がいる。)

友達以上恋人未満がミステリーすぎる

 ようやく本題に入れる。
 
ググると分かるが友達以上恋人未満では「more than」と「less than」を使う例文が出てくる。
  • We are more than friends but less than lovers.
  • We are more than friends, less than lovers.
 
他にはこんな言い方も紹介されているが、やはりmore thanを使っている。
  • He is more than a friend, but not my boyfriend.
 
 「more than」は「超」「より上」の意味合いとなることは説明した通りだ。
 
つまり、more than friendsは友達(関係)は含まない状態である。
 
そうなると友達以上というフレーズに多少の違和感を覚えてしまう。
 
「10以上」の場合は10を含むのだから「友達以上」は友達関係を含んでしまう。
 
 
一体、どっちなんだぁっ!!
 
誰にも理解してもらえないかもしれないが心の中で私は叫んでしまった。
 
 
本来「友達以上恋人未満」というフレーズは「友達より上、恋人未満」とするべきだ!!と勝手に納得して落ち着いてはいるが、それにしても紛らわしいから困る。
 

まとめ

 よく考えると「友達以上恋人未満」というフレーズはとてもややこしい言葉ではないだろうか。
 
その二人の関係がどうのこうのという意味ではない。
 
あくまでも「以上」や「未満」の場合にその対象となる数字や単語が入るのか入らないのかを判断する上での話だ。
 
「友達以上」と言った場合に「以上」を素直に解釈すると友達は含まれてしまう。
 
しかし、英語の場合はmore than friendsとなり友達は含まれない正しい意味合いとなる。
 
 
冒頭で 「以上」「以下」「超」「未満」はややこしくて立ち止まってしまう人が少なくないと言ったが、もしかするとこの「友達以上恋人未満」というフレーズのせいかもしれない、と考えるのはオーバーだろうか。
 
いや、少なからずややこしくしている理由のひとつとして考えても良いはずだ。
 
事実、私はパッと出てこないのだから。
 
一体誰がこんなステキなフレーズを考えたのか気になったのでググッてみたところ、Wikipediaにトヨタのサイノスという車のCMで使われたキャッチコピー(1991年?)と書いてあった。
(サイノスと言えば小室哲哉率いるGlobeがCMをやっていた記憶がある。)
  
友達以上恋人未満という魔法のような言葉が生まれたのはそんなに遠い昔ではなかったのはちょっと驚きだ。
 
そして、こんな短い期間でこれほど世間に浸透しているキャッチフレーズを思いついたクリエーターは尊敬できるが、ややこしくしている元凶かと思うと少し憎たらしくも思えてくる。
スポンサードリンク