スキマ時間に英語学習して少しでもEnglishスキルを上達したいと考える人は少なくない。私もスキマ時間を利用して使い続ける価値のあるスマホアプリを探しているが、今回はこのアプリを検証してみた。

英語前置詞のイメージ

 

仕事で英語の文章を書く際、in,at,toなどの前置詞で迷う場面が非常に多いのが現実で、何となく勘に頼って書いてはいるが果たして正しい使い方なのか自信がない。

もしかすると向こうの人からすると滅茶苦茶な文章だと思われている可能性が高い。

この機会に正しい前置詞の使い方を習得できれば、という気持ちを持ちつつこのアプリを使ってみた。

 

アプリの使い方

使い方は至極簡単でこのように前置詞毎にイメージを解説してくれるものだ。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

例えばOverの基本イメージはこんな解説から始まる。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

しかし、グレーになっているメニューもある。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

 

試しにクリックしてみると表示されるのがこちらの文章。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

やってられねぇな・・・・

この時点での私の正直な感想だ。本当に一気にやる気が失せてしまった。

使えない、と思いきや、裏技発見???

先ほどのアプリを2つダウンロードするかSNSでシェアするのが面倒だったので2日ほど放置していた。

しかし何気なく会社のトイレで用を足すときにこのアプリのことを思い出し、試しに「アプリを2つDL」をクリックした。

とりあえずダウンロードだけすればOKでしょ

いろいろな無料アプリが表示されたのだが、どれも興味の沸くものではなかった。

やっぱり面倒くさい・・・・

このアプリは削除しようかと思って何気なく戻るボタンを押した

意外や意外、この画面が表示された。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

 

グレーだった前置詞がきちんと青色に変化していた。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

 

それでも、まだグレーの前置詞があった

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

 

同じように一旦は無料アプリダウンロード画面を表示させて戻るボタンをタップ

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

 

なんじゃ、こりゃ???かなり嬉しくなる適当具合。

 

ただ、、ぶっちゃけイメージできない・・・

一通りは目を通したが、どうもスッキリしない。

どうも前置詞については感覚的な部分に依存するところが多いように思われる。

例えばin/on/atなどはその典型例

これこそ英文作成時に私の頭を執拗なまでに悩ませる前置詞。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

 

例外的な使い方もあるのだから、一様に覚えられるわけがない。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

キィィィィ

真面目に考えれば考えるほど頭がおかしくなってきそうだ。

極め付けのこのat/inによるニュアンスの差異の解説。

Preposition1-300x480 英語前置詞のイメージアプリ検証したけど純日本人には難解かも

 

文句ばかりを言ってしまったが、考えるからイライラするのだ。

Don’t think, feel

感覚として自分の血となり肉となるようにするためには数多くの英文に触れること、声に出して発音することが必要なことはリスニング弱者の私でもわかっている。

とにかく、数をこなす中で前置詞のニュアンスは「感じる」ことができるようになったらいいと感じた。

 

ところで「考えるな、感じろ!!」で有名なフレーズの続きを今回初めて知った。

“Don’t think. feel! It’s like a finger pointing away to the moon. Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.”

(考えるな!感じろ!それは月を指す指のようだ。指に集中していては栄光はつかめない!)

ネットでググるともっと深く解説している人がいるのでそちらを参考にしてもらいたいが、私の目的は前置詞の使い方を細かく覚えることではなく、リスニングスキルをUPして英語のインタビューや東京オリンピックなどを思いっきり楽しむことなのである。

あくまでも私が欲しいのは「指」ではなく「月」なのだと改めて認識させてくれたブルースリーに感謝したい。

 

それでも、無理ない程度にスキマ時間に繰り返しチェックすることにした

このアプリ、2017年5月の時点では全部で27個の前置詞が解説されている。

単純計算で1日1個を繰り返しスキマ時間を利用してチェックすれば1ヵ月で1周りすることになる。

5分もあれば読み終える分量なのでこれこそスキマ時間を利用しない手はない、と考える。そこで英語前置詞のイメージアプリは毎日チェックすることに決定した。

1年後にどのようなニュアンスを感じることができるように自分が変化しているのか想像すると楽しみで仕方がない。

スポンサードリンク