studysapuri-shadowing-500x194 スタディサプリTOEICシャドーイング で100倍の効果を生むやり方

リスニングを鍛えるために私はスタディサプリTOEICでシャドーイングを練習している。

貧乏サラリーマンという称号に加え、定時で帰宅できる日など皆無の状況というくらいに仕事をさせてもらえている状況はある意味で幸せな身分であることは間違いない。

しかし、限られた時間の中でより効率的に効果的にリスニングスキルを上げたいと思っている。

それを実現するための1つのツールとしてスタディサプリTOEICを利用しているが、私は必ずアノ設定をOFFの状態にしている。

今の私のリスニングスキルでは苦行と言っても良いかもしれないが、これでシャドーイングの効果は100倍はあると信じて実践中だ。

リスニングを鍛えるためにシャドーイング練習するのであれば、アノ設定はOFFにすることを強くオススメしたいと思っている。

スタディサプリTOEICでシャドーイング練習できるレッスンはどれ?

スタディサプリTOEICではたくさんのレッスンがあるが、TEPPAN英単語、パーフェクト講義、パーフェクト講義英文法がメインどころ。

その中でシャドーイングが練習できるものはこちらだ。

  1. パーフェクト講義
  2. 実践問題集

パーフェクト講義ではリスニングセクションのパート1からパート4でシャドーイング練習ができる。

リーディングセクションのパート6、パート7にはシャドーイングではないがスピード音読という名前のほぼシャドーイングと同じようなレッスンがある。

パート5のレッスン以外、とにかくシャドーイング地獄と言っても良いくらいに徹底的に私を追い込んでくれるのがスタディサプリというアプリだ。

嬉しくもあり、悲しくもある(あまりの自分の出来なさに遠くを見つめたくなる)。

シャドーイングするときは字幕OFFで決定!

このようにスタディサプリTOEICではシャドーイング練習できる機会がこれでもかという程に用意されている。

あとは使う側次第だ。

その効果を何倍にも何十倍にもしたいと思っているリスニング弱者の私。

無謀かもしれないがシャドーイング練習するときは意地でもアレはOFFにしている。

パソコン版

studysapuri-shadowing-500x194 スタディサプリTOEICシャドーイング で100倍の効果を生むやり方
スマホ版

studysapuri-shadowing-500x194 スタディサプリTOEICシャドーイング で100倍の効果を生むやり方

赤丸で示した箇所、字幕のON/OFFを選択できるようになっているところ。

私はOFFで挑戦し続けている。当然のことだが頼りになるのは己の耳だけだ。

参考までにONにするとこのようにしっかりと字幕で確認することができる。

studysapuri-shadowing-500x194 スタディサプリTOEICシャドーイング で100倍の効果を生むやり方

正直に現状を白状すると、一字一句間違えずに正解(つまり、きちんと聞き取れている)できている確率は10%にも満たないだろう。

特に、苦手な冠詞のa/the、それからwould/willなどの助動詞、複数形(sが付く)あたりが私のウィークポイントとなっていることがはっきりしている。

何故私が無謀にもOFFで挑戦し続けているのか理由は3つある。

1.いきなりシャドーイングするわけではない!

初見の文章であればハードルはとてつもなく高いが、既に見ている文章であれば出来ないはずはない!!という強い気持ちが必要と感じている。

スタディサプリ実践者であれば改めて説明する必要はないかもしれないが、レッスンの流れとしていきなりシャドーイングから始まるものはない。

レッスンの構成として、まず問題を解いて、それから解説をチェックして、その後にシャドーイングレッスンが用意されている(これはディクテーションも同じ)わけだから、少なくとも1回はその文章は目にしていることになる。

2.集中力を高める!

本番のTOEICを想定すると集中力をキープすることがひとつの肝であると感じているが、その集中力を高める練習としても字幕機能をOFFにすることはプラスの効果が見込めると考えている。

文字として目から入ってくる情報を強制的に遮断することで、私の出来の悪い耳を鍛え続けている状況だ。

3.出来の悪い自分を再認識する

確かに落ち込む。何故一度見ている文章なのにきちんと言えないのだろうか・・・と。

その「ドジでのろま」な私を受け入れると同時に、いずれはスラスラと思うがままに自分の口から滑らかに英語が溢れ出すことを期待して地獄のようなシャドーイング練習を繰り返している。

パソコンとスマホの違いを発見!

パソコンとスマホでシャドーイングトレーニングには違いがあることを発見した。

と言っても機能的な面で差異があるわけではなく、一通りのシャドーイングを終えた後に表示される画面の違いだ。

パソコンとスマホの表示画面を紹介するが何故このような違いがあるのか関係者に聞いてみたい。

パソコン版

studysapuri-shadowing-500x194 スタディサプリTOEICシャドーイング で100倍の効果を生むやり方

パソコンの場合はこの後に答え合わせ(自分の発音と実際の発音の違いをチェック)に進んでいく。

スマホ版

studysapuri-shadowing-500x194 スタディサプリTOEICシャドーイング で100倍の効果を生むやり方

スマホの場合はこのように「字幕オフに挑戦してみよう!」という画面が表示される。

字幕オフでシャドーイングできるようになるまで繰り返すことを要求してくるスマホ版のシャドーイングはスパルタ要素が高いと言える。

まとめ

今のところ100倍の効果は出ていないが、字幕OFFで繰り返しシャドーイングを練習することはかなりの効果が見込めるはずだ。

何よりも自分の弱点をあぶりだすにはもってこいの学習方法であると感じている。

私の場合は先ほども言ったように、冠詞や助動詞、それから複数形が聞き取れていないことが多いが、おそらく各自の苦手なポイントは異なってくるはずだ。

自分の弱点を浮き彫りにする。

これこそが、上達への近道であることは間違いないことは明白で、 効率的、且つ効果的にリスニングスキルをレベルアップさせるためには必要不可欠なことだと確信している。

スタディサプリを利用すると嫌でも豊富にこれでもか、という感じる程にシャドーイングが練習できる。

スポンサードリンク