toeic230-500x183 【TOEIC受験記】 2018年5月20日第230回の感想と結果を公表

2018年5月20日(日) 第230回TOEICの受験記録、そしてその結果と感想を残す記事だ。

1ヵ月前の第229回のTOEICでも未だにリスニングスキルの向上を実感できず、それはそのままリスニングのスコアに出ていて平均点に到達することができなかった。

第229回TOEICの感想と結果

もしリスニングでも平均して350点を安定的にとれるようになれる魔法のような方法があるならば教えて欲しいと思っている。

第230回試験会場は?

前回の229回と同じ会場となった。2回連続で同じ会場となったのは222回から連続で受験してきて初めてだ。

toeic230-500x183 【TOEIC受験記】 2018年5月20日第230回の感想と結果を公表

先月は桜か梅の花がキレイに咲いている道を歩きとても気分が良かった。幸いなことに今回もお天気は快晴で第222回の時の小雨の中を歩いた嫌な印象が薄れつつある会場だ。

しかし、今回のTOEIC会場までに道のりはかなりきつかった。

というのも、この日、朝起きた時から腰が痛くて痛くてたまらなかったのだ。

当然のことながら普通に歩くことはできず、おじいさん、おばあさんが歩くのと同じくらいのスピードでトロトロと会場に向かった。

リスニング

もはや絶望という言葉しか出てこない感じになっている。

何故にこれほどまでに

「なんて言ってんの??」

という無残な感情しか湧き上がってこない。今回は特にパート2でその感情が噴き出してきた。本当に何を言っているのか分からない。

全てがわからないわけではないが、分からないものが多すぎて嫌になってくる。

パート1

新幹線みたいなところに2人のおばさん?が歩いているものや、マーケットのようなところに食器みたいなものがたくさん置かれているもの、そんな写真だったように記憶している。

何となくパート1だけは満点に近い自信はある。

パート2

そして、このパートは先ほど言ったように絶望の果てに立っているような寂しさを感じる出来栄えだ。

もっとゆっくり喋ってほしいし、もっとはっきりと発音してほしいし、クセのあるスピーカーはいなくなってほしいし、、、そんな恨みつらみしか出てこない。

と、思ってネットで検索してみると、どうやら今回のパート2はかなり難易度が高い模様。満点取るような人が言っているのだから、きっと間違いないはず。

今回のパート2はできなくて当然。所詮、私のリスニングスキルでは太刀打ちできるものではない。

と、自分を少し慰めてあげることも必要なのかもしれない。

パート3&4

実際のところはどうか、結果が良いかどうかは分からないが、今まで受験してきた中で一番と言っていいかもしれない。

先読みできた、という観点で。

もし、今回のリスニングのトータルの結果が平均以上になっている場合は、きっとこのパート3&4の結果が良かったのが原因だと思っている。

リーディング

リーディングについてはスイスイ解いていった。しかし、それでも今回も全問を解くことはできなかった。

10問塗り絵という結果になった。

トリプルパッセージが2題残されていることになるため、最低でもあと10分は必要と考えている。とてもではないが、今よりもスピードアップする自信は今のところ皆無だ。

パート5

解き終えたときに教室の前の時計に目をやると時刻は13時57分頃。かなり良いペースと自画自賛(この時点では)。

難易度的にもいつもと同じだったが、全然分からないと感じた問題は2問あった。

パート6

パート5とパート6は20分で終える!と決意して臨んだので、とにかくスピード重視で一心不乱に問題に取り組んだ。

そして時計を見ると14時7分頃、これまた良いペース。今回は屈辱の塗り絵をしないで最後まで問題を解けるのかもしれない!と心躍るような気持ちを抱いた。

どうやってスピード重視を実現したのかというと、見返すのは1回だけと自分のルールを忠実に守ったのだ。

確か迷ったのは3問か4問くらいあったように記憶しているが、とにかくテンポよく解いていくことだけを心掛けた。

パート7

結局今回も全問解くことはできなかった。塗り絵は10問。この10問を乗り越えるには、読むスピードを上げること、そして読み返したりすることは1回もしないくらいの気合いが必要だろう。

先が見えない・・・・

全問解く人の横で試験を受けて、そのスピード感を味わってみたいとさえ思う。

そんなパート7、今回はチャット形式の問題でつまづいた。1回読んだだけでは何を言っているのか頭に入ってこなかった。

おそらくこういう読み返しをなくしていくことが塗り絵0!全問解くことへの着実な道だろう。

反省点

途中、腰の痛みとも戦いながらのTOEICだったが、それでも集中力はキープできていたと思う。

ただ、今回唯一気になったというか気が散ってしまう出来事があった。

大学の教室でよくある机と椅子のスタイル、と言えばイメージしてもらえるだろうか。机の全面に椅子が付いているパターン。

前の人が少し腰を浮かしたりすると、その衝撃?で机が揺れるのだ。

そのおかげで、私はマークを2度ほど大きくはみ出してしまうことがあった。まぁ、仕方のないことだが、それにしてもあんなに揺れるのか?と思うくらいに揺れていた。

老朽化だろうか・・・

結果発表

成長度%

進歩なし

第230回のスコアを見た時の私の素直な感想だ。

確かに悪いスコアではないが、ここ最近は横ばいの状態が続いている。これは何とかして踏ん張らないとモチベーションが消え失せてしまいそうな気配がする。

オンライン 2018年6月11日(月)予想

あれ???

なんか見た覚えのあるスコア・・・

TOEICのサイトにログインして結果を見たとき、一瞬戸惑った。

なんせ、前回の229回のTOEICの結果と全く同じスコアだったからだ。

トータルが同じならまだしも、リスニング、リーディングのスコアも全く同じというミラクルに残念なスコアを目の当たりに私は自分の成長のなさを嘆いた。

toeic230-500x183 【TOEIC受験記】 2018年5月20日第230回の感想と結果を公表

この調子だと、リスニングは前回に続きアベレージ以下であることは間違いなさそうだ。

何よりもショックなのはリーディングで全く成長しない自分・・・

今回は塗り絵の数が少なかったから、もしかすると初400もいけるかもしれないと期待していた分、ショックは大っきい。。

郵送 2018年6月19日(火)予想

6月19日(火)予想だったが実際はもっと早く届いた。しかし、正確にはいつだったか覚えていないのがお恥ずかしいが14日(木)あたりには届いていたような記憶もある。

さっそく平均スコアのチェック。やはりリスニングは下回っていた・・・・

toeic230-500x183 【TOEIC受験記】 2018年5月20日第230回の感想と結果を公表

成長しない自分にため息しか出てこない。何故これほど成長しないのか本当にイライラしてくる。

TOEICを受験する人はリスニングが得意な人が多いのだろうか。

アビリティーズメジャードの結果もあと1歩で平均スコアだが、この僅かな差がとてつもなく大きく感じている。

toeic230-500x183 【TOEIC受験記】 2018年5月20日第230回の感想と結果を公表

リーディングではすべての項目で平均を上回っているが、そろそろ400を超えて欲しいところだ。

toeic230-500x183 【TOEIC受験記】 2018年5月20日第230回の感想と結果を公表

リスニングは平均を上回ることができないし、リーディングではいつまで経っても400を超えることができないし、停滞停滞停滞の状況が続いていてとても苦しい。

スポンサードリンク