2018年10月28日の第234回TOEICの試験結果と感想を残しておく。

ここ3回(231回、232回、233回)はリスニングのスコアUPのおかげで700点を超えるのが当たり前の状況になっているように感じている。

私がこれまで受験してきたTOEICスコアの全記録についてはこちらの記事でまとめている。 合計スコア、リスニング、リーディングのスコアをそれぞれグラフ化して把握しやすいようにまとめた記事だ。

第234回TOEICの目標スコアは?

リスニングが安定した状況である今、私に必要なのはリーディングで400を超えることだ。

しかし、現実的には簡単ではない。そのため、今取り組んでいるのがWPMを意識した勉強。どうか、その成果が少しでも出てほしいという願いを込めた目標スコアだ。

リスニング:380

リーディング:390

合計:770

まぐれでもいいからリーディングで400を超えてみたい。

神様、どうかお願いします。

第234回試験会場は?

何度目だろうか。もはや友達の家のような感覚すら覚えてきた試験会場だ。

toeic226-center 【TOEIC受験記】2018年10月第234回の目標/結果/感想/難易度

● 【謎】TOEIC試験会場を操ることができるのか実験してみよう!

振り返ってみると今回で4回目だが、この会場ではスコアが着実にアップしている。

第226回 : 710
第228回 : 715
第232回 : 755

ということは、今回は755以上のスコアを期待できるはずだ(安易すぎるが願望は自由)。

リスニング

やはりリスニングは厳しいと実感させられた。

ゼッタイの自信を持って正解していると断言できる問題がほとんどない・・・。

これではリスニングで400を超えることは不可能。スタディサプリTOEICでは何とか上達しているように感じられるが実際の試験会場で聞こえてくる音声は聞きづらくて嫌になる。

パート1

難易度:やや難

メガネかけてる女の人、図書館、あとは植物?の問題があったように記憶しているが全問正解している自信はない。

4問は正解できていることが間違いないが残り2問は厳しかった。

パート1は慣れてきたと感じ始めていたのだが残念な結果になったと思う。

パート2

難易度:難

全然できなかった。半分できればいいぐらいの印象。

パート3&4

難易度:難

part 3はやはりいつもながら出来栄えが良くない。どんな問題があったかとも覚えてないくらいだ。

part 4に関して Part 3よりかは良いかもしれないがそれでもやはり出来栄えはよろしくない。しかし、最後の図表問題に関しては結構自信がある。これは今回の収穫だろう。

part4の最後から5題目くらいが全くと言っていい程に頭に入ってこなかったので完全に捨てて、次の問題の先読みをすることにしたのが良い流れを作ることができたと思う。

勇気を持って捨て問題を作るのも大事だ(もちろん、全部の問題を理解できればいいのだが)。

リーディング

スピード重視、塗り絵撲滅。

今回のテーマにしていたのだが、塗り絵したのは最後の1題、つまり5問という結果に終わった。

これはかなり嬉しい!!!

これでスコアも良い結果が出てくるのであれば両手をあげて喜べるのだが、果たしてどのような結果が出てくるのか。不安がいっぱいだ。

また、塗り絵が5問までに減ったことに加えて、part7の自分なりの解き方みたいなものが確立できそうな予感がしていることもプラス材料だ。

パート5

難易度:普通

全て正解している可能性は0だが、間違えている問題はせいぜい多くても5問くらいな感覚。結局単語の意味とか分からないものは、どうあがいても仕方がない。

13時57分に完了したのでかかった時間は10分、ということで自分の中では合格点をあげたい。

パート6

難易度:やや難

本来は1つ2分で解いていきたかったのだが、終わったのは14時7分ということで10分要した。

やはり読むスピードを鍛える必要があるが、スピードを上げることに意識が向くと内容が頭に残らないというジレンマを抱えている。

これは根本的にポンコツな頭脳な私にとっては致命的な弱点で、これまで読書をする習慣を持ってこなかったのがかなり大きく影響していることは間違いない。

パート7

難易度:難

今回はとにかくテンポよく解くことだけを心掛けた。

で、どうやって解くのが自分には合っているのか何となく分かってきた。

先読み必須!!!ということは理解しているのだが、どうも私の脳みそでは先読みした情報が問題文を読んでいる間にどこか遠くの方へ飛んで行ってしまうらしい。

だから先読みするのを止めることにした。と言っても全く先読みしないのではなく、覚えていられる内容だけに絞って先読みはするというやり方だ。

何となくこのやり方の方が自分には合っていると感じたのが今回のテストだった。

反省点

何故だかリスニングの時だけ空調を止めると宣言した試験官。

多分、空調音のせいで、確かにちょっと大きめのサウンドだった。

そのせいで、リスニング時は少しムシムシして汗ばみ、イライラしてしまった。

さらに、私の右後ろに座った受験者のお鼻の調子がよろしくなかったみたいで、結構な頻度で耳障りなサウンドを奏でていた。

暑いしうるさいし・・・・、それでイライラする私。

もっと平常心でいられるようにしたい。

結果発表

 

オンライン発表 2018年4月2日(月)

 

郵送 2018年4月10日(火)着 (予想)

 

 

 

スポンサードリンク