2018年11月18日(日)の第235回TOEICの感想と結果を公表する。

試験当日になっても前回の第234回TOEICの試験結果が届いていないため正直モチベーションがキープできていない。

何故こんなにギュウギュウ詰めのスケジュールで開催するのか教えてほしいくらいで、せめて前回の結果が判明してからにしてほしい。

まぁ、私のように毎回受けている人しかこのような悩みは持たないだろうが・・・・

第235回TOEICの目標スコアは?

前回から3週間という時間があったわけだが、今回はバタバタしてしまい多くの勉強時間を確保することができていない。非常に情けない。

そのため良い結果は望めない。

ただ、せめて最近の最低ラインにもなりつつある700以上はとっておきたい。

前回の結果がでていないので目標スコアは同じにしておくが、欲をいうとそろそろリスニングでもリーディングでもどちらでも良いから400超えを体験してみたとは思っている。

リスニング:380

リーディング:390

合計:770

第235回試験会場は?

前回に引き続きココの会場になった。

toeic226-center 【TOEIC受験記】 2018年11月18日第235回の感想と結果

● 【謎】TOEIC試験会場を操ることができるのか実験してみよう!

ということで、今回で5回目になるのでもはやこの大学の学生のような気持ちにすらなっている。

これでスコアも伸びてくれたら言うことはないのだが・・・

リスニング

パート1からパート4まである中で、パート2の出来がイマイチな印象だった。

自信を持って回答できる問題が本当に少ない。

逆にパート3やパート4では自信を持って回答できる問題が増えてきている。これは間違いなく成長している証だろう。

パート1

難易度:低

テラスのようなところでテーブルを囲んでいるシーンや帽子がショーウィンドウに飾られている問題があったが、今回のパート1は全問正解している自信がある。

パート2

難易度:高

しっかりと聞き取れている問題がほとんどない。何となくこれかな・・・という感覚で回答している状況。最近ではパート2が一番苦手な気がしている。

パート3&4

難易度:高

パート2と比較するとできるようにはなってきているが、それでも私にとってはまだまだレベルの高い領域。この2つのパートは間違いなく先読みが効果ある。

今回もパート3の途中の1問でさっぱり集中力が途切れて何を話しているのか頭に入ってこなくなった時があったが、その時私はすぐに3つの問題を適当に回答して次の問題の先読みを始めた。

その捨て問題3つのおかげでその後の問題が割とスムーズに解いていくことができた。

リーディング

今回の塗り絵は9問。

192問目までは取り組むことができた。

もはや私には全問取り組むのは不可能なのではないか、と思うくらいに問題が多すぎる。

パート5

難易度:中

13時47分からスタートのリーディングでパート5が終わったのが13時59分。

いくつか時間を使ってしまう問題はあったがこのパートはいつものように素早く解答することができている。

パート6

難易度:中

一文挿入問題が本当に苦手で、それが時間を消費する原因のひとつになっている。

これで正解していればいいのだがおそらくその可能性は高くはない。

英語力というよりも国語力、、、私の苦手とするところだ。国語で良い成績を取ったことがない。

パート7

難易度:高

どのようにすれば200問目まで辿りつけるのだろう。少なくともあと10分は必要。

その10分を捻出するためにはシングルパッセージとダブルパッセージを手早くこなすしかないのだが、もう今のやり方で精いっぱいな感じ。

こちらが一心不乱に解いているなか、ふと顔をあげると

「もう終わりましたけど何か」

みたいな人を見かけるが、どんなスピードで読んでるのか信じられない。

とにかく、早く読むしか対策はない。

反省点

次回で2018年は最後。

そろそろ200問やりきったという感覚を味わいたいと思っている。

そこで今回はできなかったが、次回は本当にスピード重視でいこうと思う。問題文はそれなりにしっかり読み回答するのだが、迷うようであっても問題文を見返さない方法でやるとスコアがどれくらいになるのか。

そんな感じで2018年は締めくくろうと思っている。

結果発表

 

オンライン発表 2018年12月10日(月)予想

 

郵送 2018年12月18日(火)着(予想)

 

 

 

スポンサードリンク