toeic-expire-500x176 【徹底解説】え?TOEICの有効期限が2年で切れるなんて真っ赤なウソ!?

TOEICのスコアに有効期限があるのか気になる時がある。

それは就活や転職の時の履歴書に記載しようと思ったときだろう。

「そういえば5年前くらいにTOEICで結構ハイスコアだったっけ?700点くらい?」

おそらく人に見せられるようなスコアをゲットしていない場合は悩むことはないが、それなりのスコアを取得したことのある人であれば自分をアピールする材料として転職・就活時に履歴書に書くことになる。

そんな時にTOEICの有効期限についてリサーチするのことになるのだが混乱してしまう場合がある。

その理由はこれだ。

  1. 正々堂々とTOEICには有効期限がありそれは2年であると断定しているブログ情報もある。
  2. 一方、TOEICのスコアに有効期限はないと解説している人もいる。

何故真逆の情報が溢れているのか分からないが、とにかくTOEICの有効期限については曖昧な部分が少なくなく迷ってしまうことは確かであろう。

どちらの情報が正確なのか、ここではっきりさせておこう。

TOEICに有効期限はあるの?

TOEICの有効期限が2年で切れるというのは誤りだ。

まず、そもそもTOEICには有効期限はない。

TOEICの公式ホームページで掲載されている内容を見れば一目瞭然だ。

Q:スコアに有効期限はありますか?
A:スコアに有効期限はありません。

ここまでしっかりと断言してくれている。

TOEICには有効期限はない!!

もし満足のいくスコアを取得したのであれば、例えそれが5年前のスコアであっても正々堂々と主張しても良いのだ。

ちなみに団体受験者用のQ&Aでもこのように有効期限がないことが明記されている。

Q:スコアレポートに有効期限はあるのか?
A:有効期限はありません。

Q:公式認定証に有効期限はあるのか?
A:有効期限はありません。

TOEICの有効期限が2年ってどういうこと?

それでは2年で有効期限が切れるという話はどこから湧いてきているのだろうか?

実はTOEICの公式ホームページにはこんな内容も書かれている。

Q:Official Score Certificate(公式認定証)は再発行できますか?
A:試験日から2年以内の再発行が可能です。

Q:スコアレポートは再発行できるのか?
A:できます。「スコアレポート再発行」として有料で承ります。
※ただし、解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限ります。

Q:公式認定証は再発行できるのか?いつまで遡れるのか?
A:できます。「公式認定証再発行」として有料で承ります。
※ただし、試験日から2年以内のものに限ります。

この赤字の部分に「2年」というワードが出てくる。

おそらく、公式ページに掲載されているこの「2年」が誤解を生み、TOEICは2年で切れるんだという勘違いをする人が出てしまった可能性が高い。

認定証の再発行が2年間というだけなのだ。

TOEICのスコアを履歴書に書くときは・・・

履歴書にTOEICのスコアを記載する場合は年月やテストの種類を明示しよう。

2015年7月 TOEIC リスニング&リーディングテスト  スコア750点取得
2016年3月 TOEICスピーキングテスト 750 点

間違ってしまいそうな書き方はこちらだ。

2015年7月 TOEIC 750点取得

これではTOEICのどのテストで750点なのか分からない。
必ずどのテストのスコアであるのか明記することに注意しよう。

  • TOEIC Bridge
  • TOEIC リスニング&リーディングテスト
  • TOEIC スピーキング&ライティングテスト

2年前以上のTOEICのスコアも履歴書に書いていいの?

2年前以上のTOEICのスコアでも履歴書に書いて問題はない。

ただし、TOEICのスコアを履歴書に書くのであればより直近のスコアの方が信頼性が高いことは覚えておくべきだろう。

例えば、同じ700点でもAさんとBさんのどちらが印象が良いだろうか。

Aさん・・・3ヶ月前に700点
Bさん・・・5年前に700点

Bさんがネイティブレベルで何の苦労もなく英語を操るスキルがあれば別だが、たいていの採用現場ではAさんの方が好印象になるはずだ。

そして、継続的にTOEICを受験していることもアピールできればさらに印象は良くなる。

Bさんの場合はもしかすると次回開催のTOEICを受験するように要求される可能性も0ではない。

その時に700点、もしくはそれに近いスコアを取れないと信頼性を著しく失う結果になってしまう。

良いスコアの場合にアピールしたい気持ちは良く分かるが、かえって自分の首を絞める結果になることも想定されるのであれば、初めから潔くスコアを書かないか、書くのであればもう一度TOEICを受験して最新のスコアを確認するのもアリだと思う。

まとめ

TOEICのスコアに有効期限はない。

そして2年前以上のスコアであっても履歴書に書いても良い。

しかし、その時点での実力を示すためにはより最新のスコアを提示するのがベターだ。

そのためには、定期的にTOEICを受験しておくことが望ましいし、何よりも企業採用側から見た場合に継続して英語の勉強に取り組んでいる姿勢を評価してもらえるはずだ。

 

スポンサードリンク