toeicusage-500x176 【まとめ】TOEIC公式問題集の効果的な使い方を優良10サイトから盗む!

TOEIC公式問題集をamazonで注文した。3000円のアノ威圧感たっぷりの大きめの問題集。

このTOEIC公式問題集の使い方について疑問に思っている人がかなり多いことに気づく。

私もその大多数の中の一人だ。

そこで今回はこのTOEIC公式問題集の効果的な使い方についてまとめてTOEICスコアアップの役に立てたいと思う。

というより、3000円もするご立派な公式問題集なのだから、それくらいの恩恵を私に与えてくれないと困るというのが正直なところではある。

TOEIC公式問題集って高い・・・

元々、私は3000円もするこの問題集を購入する予定はなかった。

理由はただひとつ、3000円もするから。

あまりにも高すぎるため、値段を見た瞬間から購入意欲が吹き飛んでいた。

しかし、第222回、第223回と2回TOEICを受験してみたが、あまりにもボコボコに打ちのめされているため、不本意ながら3000円という大金と引き換えに「公式」のパワーを借りようと考えた末に購入の決断に至った。

まさに・・・

おぼれる者はわらをもつかむ
A drowning man will catch at a straw.

この心境。

しかし、せっかく3000円も支払ったのにこの本に対する私の第1印象は落胆、少しの後悔、そして不安だった。

落胆・・・問題集というタイトルの通り問題とちょっとした解説しか載ってない。

後悔・・・3000円もしたのに。

不安・・・この本、どうやって使えばいいのだろうか。

落胆とちょっとだけの後悔は仕方ないとして、不安は解消したい。

そこでこの3000円問題集の使い方や勉強方法をまとめようと考えたのである。

全てはTOEICで高得点をとるために。

どのようにまとめるのか?

amazonのレビューを見ていると概ね良い評価となっていることは分かる。

しかし、ここでコメントを寄せている方は一体どのように問題集を効果的に利用しているのか、どうやって勉強しているのか私には分からない。

そこで、Yahooで「toeic 公式問題集 使い方」を検索して表示される10サイトで紹介されている方法を整理し、その中から私に合いそうなやり方をチョイスすることにしたい。

 toeic 公式問題集の使い方

どのサイトもTOEIC初心者には役立ちそうな情報が記載されている。

私なりに各サイトのポイントと思われる点について考えてみたので参考にしてもらえると嬉しい。ただ、大事なことは自分なりの使い方についてじっくりと考えることだと感じている。

1つ目 トイグルさん

■■TOEIC公式問題集の使い方!難易度と勉強法を紹介

TOEICを勉強している人間であればおそらく1度は目にしたことがあるのではないか、というくらい頻繁に私はこのサイトのお世話になっている。

こちらのページでは問題集の使い方としてTOEICテストの全体像、自分の予想スコア、リーディング時間配分について考えておくことが大事であることが紹介されている。

私が一番大事だと感じたのは問題を徹底的にやり込むという点だ。

問題内容を覚えるくらい繰り返し繰り返し飽きるまで解く事の重要性を説いている点が参考になる。

2つ目 Enjoy life in Englishさん

■■ 新形式TOEIC おすすめ公式問題集・模試と効果的な使い方

このブログは一度見だすと次から次に見たくなるページが出てくるから困る。

エンドレス地獄・・・な程、ついついページを開いてしまうくらい私は何度も目にしているが未だに全てのページをチェックできていない。

願わくば私も筆者ツウさんのようなレベルに達したいと考えている。

こちらのページではレベル別・各パート別の効果的な使い方がまとめてガイドされているので指標とすべき情報が得られる点でとても嬉しい。

そして復習こそが3000円も支払って購入したこの公式問題集を思う存分使いこなすために必要なことであることを教えてくれている。

レストランやゲームの話を交えて分かりやすく説明してくれている点にツウさんの優しさを感じる。

3つ目 英語学習の処方せん さん

■■ TOEIC L&R 公式問題集の効果的で正しい使い方!

「正しい使い方!」ということで思わず背筋が伸びてしまいそうになる。

さて、こちらのページでも復習こそがスコアアップのためには重要であることが説かれている。

そしてリスニングパート、リーディングパートを復習するときのポイントについて詳しく記載されており、両パートともに音読による英語脳を作ることがミソであることが理解できる。

4つ目 RareJobさん

■■ TOEIC公式問題集を使った自己学習法の手引き

復習(繰り返し学習)することを含め3つのポイントについて説明されているのがこちらのサイト。

そして本番を想定してマークシートを利用して繰り返し学習すためにいくつかコピーしておくことが推奨されている。

一例として公式問題集を5回繰り返して使う際の具体的なやり方はとても参考になる。

5つ目 gohさんのサイト

■■ TOEIC公式問題集の正しい勉強法 リスニング編 

4つの使い方について説明されているこちらの記事の中で一番分量が多い(読者に一番伝えたいということだろう)のが4つ目の音読練習だ。

そこで説明されているオーバーラッピングとシャドーイングの方法は是非とも取り入れたい内容。

また、暗唱や瞬間英作文に関してはTOEICの勉強においては効率が良くないという見解は考えさせられる。

つまり、人が良いというから実践するのではなく、しっかりと自分で考え抜いて勉強することの重要性に気づかせてくれるのだ。

6つ目 タツヤさんのブログ

■■ TOEIC公式問題集の勉強方法

1年間(708時間の勉強)で415点のスコアアップを実現したタツヤさん。

1日平均すると約2時間だろうか。簡単ではないが、かと言って実現不可能ではないところに私でもできるかもしれない!という希望を感じさせてくれる。

音読・精読の重要性、そしてやはり繰り返し何度も何度も復習することが必要であることを伝えてくれる。

もちろん具体的なやり方についてもタツヤオリジナルという親しみを感じるネーミングで紹介されているので自分流に取り入れたいところだ。

特に私の心に響いたのが「間違えた理由を必ず探す」という点。

急がば回れということだろう。

7つ目 TOIEC Labさん

■■ 【参考書の使い方】TOEIC新公式問題集を最大限活用する3回チャレンジ法とは?

こちらのサイトでは3回繰り返して実践する方法を確認することができる。

本番と同じように制限時間を守って行うのが1回目と3回目、2回目についてはとことん復習しながら取り組む方法が記載されている。

正解している問題に対しても正解した理由を考えることが必要であることが紹介されている。

地道な積み重ねでしかスキルアップは実現できないということだろう。

8つ目 englishplusさん

■■ 公式問題集の使い方3ステップ

このサイトでも復習の重要性が強調されている。

そしてまずは1回分の模試を徹底的に復習し尽してから2つ目の模試に取り組むのが良いことが紹介されている。

特に目からうろこだったのは模試の実践するときの環境について述べている点。

2時間の間、誰にも邪魔されない環境を作る手段として、もし自宅で行うのであれば電話線、インターホン、携帯電話など邪魔になりそうなものは全てシャットアウトすること、もしくは夜間に行うことが良いことが紹介されている。

いつ、どこで模試を実践するのかについてはかなり盲点な人が多いと思われるので、この点について触れているenglishplusさんはすごいと感じた。

9つ目 3流大学生がTOEIC900点さん

■■ 使い方次第でハイスコアも夢じゃないTOEICテスト新公式問題集の勉強法

TOEICの正答率が低い状況では使わないほうが良いことを提案しているのがこのサイト。

試験日1ヶ月前から使い出すことを提示している点もオリジナリティを感じる。

「1ヶ月もあれば何度も復習できるよね?」
「ホンキでTOEICでハイスコア取りたいんだよね?」

こんなことを言われているようで気が引き締まる。

また、他のサイトにはないリスニングの問題に取り組む際の注意点は納得させられる。

本番に近い環境を作るためにイヤホンではなくスピーカーを使うというものだ。

なるほど!!

10個目 TOEIC880さん

■■ 公式問題集だけでTOEIC 880達成

こちらのTOEIC880さんのサイトは思わず取り入れたくなる点が多いので参考になる。

リスニングとリーディングでどのように使えば良いのか丁寧に書かれているが、かなり役立ちそうな納得させられる内容となっていると私は感じた。

100回音読すること、その際は頭の中でイメージすることが重要。

ディクテーションにより聞き取れないところを浮き彫りにする。効率よく勉強するために分からなければすぐに日本語訳をみて身体に刷り込む方が良い。

こんな具合だ。

まとめ

各サイトで紹介されている方法を全て取り入れるのは難しいかもしれない。

ただしどのサイトでも共通して重要であるとガイドしている内容は・・・・

復習こそ神だ!

これに尽きるだろう。

しかも1度や2度の復習ではなく、何回も何回も問題内容を覚えてしまうくらいなレベルまで復習して身体に叩き込むのである。

その中で音読100回だったり、シャドーイングやディクテーションであったり、品詞分解、頭の中でイメージするといった内容を実践することになる。

10サイトを参考にした結果、私の公式問題集の使い方は決定した。

  1. 制限時間通りに1つ目の模試を解く
  2. 鬼のように復習し8割以上正解できるレベルに引き上げる
  3. 制限時間通りに再度1つ目の模試を解き8割以上正解する
  4. 2つ目の模試に取り組む

ただし、問題集の使い方についてはブラッシュアップし最善の使い方を模索するつもりだ。

スポンサードリンク