toeic-delay-500x157 えっ!TOEIC結果はいつ届く?って郵送もネットでも遅すぎる件

初めてTOEICを受験した人が気になることはおそらくこれしかないだろう。

「結果はいつ分かるの?」

「早く結果が知りたい・・・」

これ、先日の日曜日に試験を受けて今まさに私が感じていることなのだ。

しかし、そんなTOEIC初心者の想いを打ち砕くかのようにTOEICの試験結果発表は遅い。

そこで今回はTOEICの結果がいつ郵送されるのか、ネット(オンライン)の場合はいつ確認できるのかリサーチしたのでまとめておく。

そして、そんなに待ってられないという人のためにおもしろい試験があることが分かったので参考までに紹介しようと思う。

TOEIC結果発表・・郵送の場合

試験会場で配布されたパンフレット?にも書いてあるし、TOEIC公式ページにも記載されている。

試験日から30日以内に受験者本人宛に親展封筒で発送します。

試験を受けてから1ヵ月後って・・・あまりにも遅すぎる感が否めない。

全問マークシートなんだから機械でちゃちゃっと採点しているだろうに、何故にそんなに時間が必要なのか。

何度もTOEICを受験しているのであれば別だが、初めてTOEICを受けたビギナーにとってこの1ヶ月はあまりに長すぎると言えるだろう。

4週間後の日曜の次の火曜日に郵送されるのが通例らしいが、これでは次のTOEIC試験までほとんど時間がない。

というより、スケジュール的に次回試験日の後に結果が発表される場合もあるようだから泣きたくなってくる。

TOEIC結果発表・・ インターネットの場合

インターネットでTOEIC試験の申し込みをした場合はオンラインでも結果を確認することができる。

ただし、申し込み時に「テスト結果インターネット表示」で「利用する」を選択している必要がある。

しまったぁぁぁ

という場合は、次回以降は忘れずに「利用する」を選択しよう。

この2つの条件を満たす場合はインターネットで試験結果を郵送よりも1週間早く確認することができる。

TOEIC公式ページを見てみよう。

テスト結果はいつ表示されるのですか?
テスト結果は、公式認定証の発送予定日の約1週間前にインターネット上で表示される予定です。表示を開始いたしました際は、ご登録E-mailアドレスへご案内のメールを送信いたします。

登録したメアドあてに連絡がくることになるが、概ね3週間後の日曜の次の月曜日になるのが多いようだ。

インターネットの場合でも次回試験日の後に発表という場合もあるからイライラしてくる。

そんな待てないって人には

「試験を受けてから3週間も4週間も待ってられないんですけど・・・・」

そんな人のために試験を受けたその場で結果が分かるテストがある。

キャセック(CASEC)

Computerized Assessment System for English Communication

オンライン上で受けることができる英語の試験だ。

TOEICスコアの目安も分かると謳っている試験で、何よりオンラインで好きなときに受験でき、その場ですぐにスコアが判明するのがTOEICと比較して大きな違いがある。

受ける受けないは別にしてCASECというテストがあることは覚えておいても損はないだろう。

CASECが魅力的に感じる7つの理由とは?

英語の実力をチェックするための1つの手段として。

【参考】9月10日の試験結果の発表はいつだった?

これは実際の私の場合の情報となる。

  • 試験日 : 2017年9月10日(日) 
  • ネット : 10月2日(月) 
  • 郵送 : 10月5日(木)

ネット発表についてはお伝えした通り3週間後の日曜の次の月曜日だったが、郵送の場合は4週間かからなかった。

まとめ

TOEICビギナーがすぐに結果を知りたい気持ちは痛いほど良く分かる。

しかし、残念ながら首を長くして3週間は待つしかない。

場合によっては次回試験日よりも後にならないと結果が判明しない場合もある。

TOEICのスコアに振り回されることなく、着実にコツコツとしっかり準備して試験を受け続けるしかない。

そして目標とするスコア、納得できるスコアを取得したならば、TOEICを卒業しよう。

それまでは継続あるのみ・・・・。

スポンサードリンク