toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

TOEICと言えばマークシート試験。

しかもその数は200問(リスニング100問、リーディング100問)もあり休憩なしで2時間も要する。

特にリーディングでは最後まで問題を解くことができずに「塗り絵」と呼ばれる屈辱を味わう受験者も少なくない(私もその中の一人だ)。

その打開策の1つとしてマークシートの塗り方について検証した。

【実験】TOEICマークシートの塗り方よりも100倍大事なことを発見!

実験して一番スムーズにマークできる方法が分かったことは収穫だったが、それ以上に収穫だったのが鉛筆の先端を平らにすることが最も重要であることに気付けたことだ。

そこで今回の検証第2弾。

普通の鉛筆ではなく、マークシート用として販売されている鉛筆やシャーペンの中から自分に合うアイテムを見つけてみようと考えた。

こんなことに時間を使うくらいなら、英単語の1つでも覚えた方がいいのではないかという気持ちもあったのだが、実験を終えた今では「いくつか購入して実際に試してみてよかった」と素直に思えている。

■私がシャーペンや鉛筆に注目したくなった理由

今まで削りたての先が尖がった鉛筆でTOEICを受けてきたわけではなく、それなり丸みを帯びた先端の鉛筆を利用していた。

しかし、極限にまで平面に近い状態の鉛筆でマークした場合のスピード感たるや、これまでに味わったことのない未知の世界だった。

そこで私の中でひとつの興味が沸いてきた。

マークシート用として売られている鉛筆やシャーペンはどれほど使いやすいのだろうか。

この平べったくなった普通の鉛筆と比較した場合に購入するメリット、価値はあるのだろうか。

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

それくらい平べったい鉛筆を使った「の」スタイルで実現できる速さは魅力的だったのだ。

【実験】TOEICマークシートの塗り方よりも100倍大事なことを発見!

■実験に利用した4本の鉛筆とシャーペン

私が今回の実験のために購入したこちらの4本だ。

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

  • 三菱鉛筆 鉛筆 マークシートセット V52MN
  • ぺんてる シャープペンシル マークシートシャープ 1.3mm B芯 AM13-B
  • コクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mm PS-SMP101D
  • オート 木軸シャープ消しゴム付2.0 ブラック APS-680E-BK

マークシート用の鉛筆1本、シャーペン2本、それからあと1本は2mmという魅惑的なサイズの芯のシャーペン。

この2mmのシャーペンはマークシート用としては売られているものではなかったが、Amazonのページで出てきたものが気になり、つい購入してしまった。

おそるべしAmazon・・・・

新たに使った費用:1492円

これで1問でも多くTOEICの問題を解くことができるのであれば本望だ(と、言い聞かせてAmazonで注文した)。

 

さて、購入直後はやはり新品ということで先端がキレイに尖がっていたりして素早くマークするのには適していない。そのためマークしやすいように加工した。

以下にbefore/afterの写真をお見せしておこう。

三菱鉛筆 鉛筆 マークシートセット V52MN

before

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

after

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

ぺんてる シャープペンシル マークシートシャープ 1.3mm B芯 AM13-B

before
toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

after
toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

コクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mm PS-SMP101D

before
toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

after
toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

オート 木軸シャープ消しゴム付2.0 ブラック APS-680E-BK

before

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

after
toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

■実験方法 検証方法 で用いた7つのルール

やみくもにテストしても信憑性に欠けると考えたので、一定のルールを考えた。

  1. 各々2回ずつテストする
  2. 同じペンを使って2連続でテストしない
  3. テスト間のインターバルは5分以上を確保する
  4. マークする順番はA→B→C→D→Aとする
  5. ほどよくすり減らした状態でテストする
  6. マークシートの塗り方は「の」スタイル
  7. 時間、握り心地、書き心地、疲労度合い、をランキングする

スピード感重視で焦ってマークするのではなく、あくまでも平常心を持ちつつ淡々とマークすることを心がけた。

その状態で書き心地であったり疲労感をランキングにした。

■実験結果

三菱鉛筆 鉛筆 マークシートセット V52MN

●1回目 2分57秒

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

●2回目 2分44秒

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

平均 2分51秒

検証2回後のペン先

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

ぺんてる シャープペンシル マークシートシャープ 1.3mm B芯 AM13-B

●1回目 2分54秒

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

●2回目 2分29秒

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

平均 2分42秒

検証2回後のペン先

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

コクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mm PS-SMP101D

●1回目 2分50秒

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

●2回目 2分33秒

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

平均 2分42秒

検証2回後のペン先

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

オート 木軸シャープ消しゴム付2.0 ブラック APS-680E-BK

●1回目 2分51秒

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

●2回目2分30秒

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

平均 2分41秒

検証2回後のペン先

toeic-pen-500x182 TOEICマークシート用の鉛筆とシャーペン4本を検証してランキングにしてみた

■ランキング発表!!

●スピード

1.オート 2.0mm 2分41秒
2. ぺんてる 1.3mm 2分42秒
2. コクヨ 1.3mm 2分42秒
4.鉛筆 2分51秒

はっきり言ってスピードに関しては大きな差異はないと考えてもらって良い。

「の」スタイルでしっかりとマークシート読み取り機に認識してもらえる程度に塗りつぶしていけるようになれば問題ない。

●握り心地

1. コクヨ 1.3mm

2. オート 2.0mm

3  ぺんてる 1.3mm

4. 鉛筆

ここは完全に個人の好みになるが、私はコクヨ1.3mmが一番しっくりする。シャーペンの形状が三角形型になっているのが握りやすい。

オート2.0mmは太くて握っていて安心感がある。見た目が鉛筆風なのも何となく落ち着く。

ぺんてる1.3mmはグリップ部分はいいが、細いところがプラス評価にならない

その点で鉛筆も細いため4位とさせて頂いた。

完全に個人の好みである。

●書き心地

1. ぺんてる 1.3mm

2. コクヨ 1.3mm

3  オート 2.0mm

4.鉛筆

これはダントツにぺんてるだった。

クリーミーすぎる!!と感じるほどに滑らかな書き心地は感動すら覚える。

コクヨも非常に心地よいのだが、ぺんてると比較する負けてしまう。

同じHBなはずだが、ぺんてるの書き心地は本当に幸せすぎる。

●疲労度合い

1. コクヨ 1.3mm

2. ぺんてる 1.3mm

3  オート 2.0mm

4.鉛筆

疲労感を感じないのはコクヨだった。握り心地が一番良いので当然かもしれない。

ぺんてるとオートは甲乙つけがたくほぼ同じくらいで、ぺんてるはグリップ部分のフィット感が良く、オートは迫力の太さが指に馴染む。

それら3本のシャーペンと比較すると鉛筆は細い点が私の好みではなかった。

鉛筆だけであれば不満は感じなかったかもしれないが、比較対象があると違いは歴然とする。

奮発してシャーペンも購入して本当に良かった。

■まとめ

TOEICとは時間との闘い。

解決策???

スラスラと問題を解けるくらいのTOEICスキルを身につけろ!!!

というご意見はごもっとも。

もちろんリーディングスキルを高めることが全ての問題を解くために必要であることは明らかだが、道具を変えてみるのも悪くはない。

マークシート用の鉛筆は正直なところ大きなメリットは感じないが、シャーペンであれば購入する価値はある。

もし今あなたがそこらへんに転がっているシャーペンや鉛筆でTOEICを受験しているのであれば、マークシート用のシャーペンを購入するのもアリかもしれない。

私のオススメはコクヨのシャーペン。

コクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mm PS-SMP101D

そしてシャーペンの芯はぺんてるが最高に気持ちよい。

マークシート替芯 1.3 HB CM13-HB

味気ない普通の鉛筆やシャーペンでも悪くはない。

しかし、マークシート用のシャーペンを使えば少しはTOEICが楽しく心地良くなるかもしれない・・・・

スポンサードリンク