toeic224-500x183 2017年10月22日 第224回TOEICを受けてきた感想と結果を公表!

第224回TOEICを受験してきた感想と結果が判明したらスコアも公表しようと思う。

2017年10月22日(日)、ものすごい台風が迫る中、私は家から徒歩で30分ほどの会場で受験してきた。

徒歩で・・・

勘のよい方にはお察し頂いたかもしれないが、会場に着いた頃には私は既に戦意喪失状態であった。

台風が襲来するのに徒歩で向かうチャレンジャー精神

最寄のバス停まで徒歩10分、それならば健康のため(最近1日10000歩を目標にしている)に会場まで歩いて行こうと考えたのだ。

「少しくらいは濡れてもいいっか」

こんな軽い気持ちで家を出発した私がバカだった。

その結果、スニーカーの中の靴下はもちろん、膝から下、そしてふとももに至るまでずぶ濡れ状態という惨劇に見舞われた。

会場まであと5分くらいという地点で、このびしょ濡れの状態(少しズボンに重みを感じる程)にイライラした私は引き返そうとすら考えるくらいに濡れてしまった。

試験の間、ずぶ濡れになったスニーカーは脱いだ。本当は靴下も脱ぎたかったが、さすがにそこまではできなかった。

濡れたままの靴下、そして水を吸収して重たくなったズボンがどんどん私の体温を奪っていき、リーディングが始まる頃には鳥肌が立つほどになっていた。

雨風が強い日の教訓

そもそも、台風が接近している状況で徒歩で会場に向かったことが間違いではあったが、これ、他の試験会場でもあり得る話ではないだろうか。

会場の最寄り駅から近かったり、アーケードのようなものがあれば別だが、少し会場が遠い場合は雨風が強い日は濡れる。びしょ濡れにはならないかもしれないが、じわ~っと少し不快に感じるくらいには濡れる。

濡れるとどうなるか?

試験中にめちゃくちゃ気になって集中が途切れるタイミングが出てくる。

集中してリスニングしたいのに・・・

集中してリーディング問題に取り組みたいのに・・・

濡れた衣類を着続けるという極上の不快感と断続的に訪れる寒気と戦いながらの12時35分から15時まで試験。

地獄と言ってもよいくらいに居心地は悪かった。

着替えやスリッパは持参するべし

今後はそんな残念な日がTOEICの試験日にぶち当たらないことを祈るばかりだが、靴下の替えがあれば、シャツの替えがあれば、せめてスリッパでもあれば、と思いながら私は試験に臨んでいた。

間違いなく集中できていない。いや、できるはずもない。

不快感MAX

最低限、サラサラの靴下でも履けていればかなり状況は違っていた。

TOEICの達人ではないため、少しでも良いスコアを取るためには万全の体制で試験に臨む必要がある。

体調不良などは仕方ないとして、服や靴が濡れていて気持ちが悪いというクダラナイ理由で集中力が阻害されるのだけは避けていきたい。

リスニング

パート1

それなりに正解しているはずだ。

記憶に残っている写真は女性が棚に手を伸ばしているものだけだが、少なくとも4問、5問は正解している雰囲気がする(あくまでも予想)。

パート2

設問文が聞き取れないことには正解の選択肢をチョイスできないため出だしの単語に全神経を集めてトライしたが、3分の2くらいは聞き取れなかった印象。

パート3& パート4

トリハダ・・・・

パート3リスニング中に突然ブルッと寒気が襲ってきた。

びしょ濡れの靴下に、かなりの雨水を吸い込んだジーパン(一部は下着ま浸み込んでいる)、そして長袖のシャツ(ユニクロで購入したヒートテック)も肘から先まで湿っている状態なので無理はない。

ベストコンディションであっても満足に聞き取れないのだから、余計にリスニングに支障が出てしまった。

あまりにも足元が気持ち悪いため、靴下を半分だけ脱ぐというスタイルにこの時点でチェンジ。

そうやってゴソゴソやっていたため、何となく聞き取れている設問もあったが全く耳に入ってこない設問もあり、期待はできない。

何故か分からないが、「聞き取れない!分からない!」と1度でも感じてしまうと、その設問全部の英文が理解できなくなってしまう。

ドラクエで言うとパルプンテ状態・・・・

この悪い癖、というか弱点はどうにかして克服したいと思っている。

リーディング

今回も前回のTOEIC第223回に続いて20問塗り絵をした。

成長していない、というのは当たり前。

前回の9月10日から今回の10月22日まで私はリスニングをメインに取り組んでいる。

パート5以降については未着手状態であるため、20問塗り絵という結果は当然予想できたものであり、落ち込んでいない。

パート5

品詞問題であればスパッと回答できるが、意味を捉える必要のある問題ではもたついてしまう。

あきらめが肝心であることはわかっているが「もう少し考えれば分かるはず!」という根拠のない自信が邪魔をしている。

ただ、70~80%の割合で正解しているはずだ。

パート6

国語が苦手な私は長文というだけで拒否反応を起こしてしまう。

一文を適切な位置へ挿入する問題は事前にチェックすることが必須だが、それでも国語力を求められる感じがしていて好きではない。

スラスラとつっかえることなく読めるものもあれば、どうも頭に入ってきづらいものもある。

問題用紙に書き込めないTOEICは本当に苛立たしいが仕方ない。

パート6は60~70%の出来栄えの感覚だ。

パート7

シングルパッセージについては終えることができたが、この時すでに時刻は14時50分。

何とか解答用紙の残り2段まではやってやる!という意識を持ち、とりあえず180問から200問を塗り絵してから作業に取り掛かった。

結果、1分くらいは余裕ができたが今から消しゴムで消して問題を見る元気もなく(寒気で早くトイレに行きたくなっていた)静かに鉛筆を置いて終了。

反省点

今回はパート5、パート6を終えた時刻もチェックし忘れるほどに集中力がなかった。

かと言って一生懸命やってなかったわけではない。

全てはびしょ濡れになってしまった私のミスだが、これまでと同じように時間が足りなかったことだけは同じだ。

この人なんてブログのこの記事の中で13時59分にはパート5と6を終わらせたことを述べているが羨ましすぎる。

間違いなく私はせいぜいパート5を終えているかもしれないという状態。

私が崇拝していると言っても過言ではないこちらのツウさんのアドバイス通りの時間配分で進めたいとは思っているが、まだその実力はない。

徐々に塗り絵の数を減らしていく過程をお届けできるよう、しっかりとリーディングの対策も始めてみることにする。

次回2017年11月19日(日)の第225回では塗り絵は16問にすることが目標だ。

結果発表

2017年11月13日(月)12:58 登録メールアドレス宛に【テスト結果表示】のお知らせメールが届いた。
 
多少のドキドキと共にTOEIC会員ログインページより結果を確認。
toeic224-500x183 2017年10月22日 第224回TOEICを受けてきた感想と結果を公表!
 
 
やはりリスニングが弱い・・・・
 
前回・前々回のリスニングスコアはそれぞれ235、225だったのでUPしていることは間違いない。
 
 
それでもやはり残念すぎる状況に変化なし、という悲しい結果であることは同じだ。
 
少しずつTOTALスコアはUPしている(560→565→580)ことは素直に嬉しく思うが、イマイチ勉強の成果がスコアに直結しない状況に、今これを書いている私は落胆している。
スポンサードリンク