toeic226-500x183 【TOEIC受験記】 2017年12月10日第226回の感想と結果を公表

2017年12月10日(日)、第226回TOEICを受験してきたので簡単に感想を残しておくことにする。

もちろん結果が判明したら合わせてこちらで公表予定だ。

第226回TOEICの結果発表(オンライン)は通例だと3週間後の月曜となるため2018年1月1日(月)という奇抜な日程となる。

新年あけまして、がっかりしたくはない(笑)

それにしても前回の第225回TOEICの試験結果が判明していない状態でこの第226回を受験しなければならないのはツライ・・・。

■第226回試験会場は?

TOEICの試験会場についてはこちらの記事で網羅させて頂いている。

【謎】TOEIC試験会場を操ることができるのか実験してみよう!

これまでは実際の試験会場は公開してこなかったが今回の第226回からは隠す必要もないので公開していくことにする。

toeic226-500x183 【TOEIC受験記】 2017年12月10日第226回の感想と結果を公表

試験会場の校舎まで歩いているときに円筒状のおもしろい形をした物体?が目に入ってきたりしてワクワクするところだった。

家に帰ってきてから調べてみると、その円筒状のものはテクノプレース15という宇宙的なネーミングの施設であることが分かったり、あの無駄に広い道路は滑走路だったことを知ると、もっとちゃんと見学しておけばよかったと少し悔し気持ちになっている。

全体的には感じの良い印象を受けた会場だったが、あえてマイナス点をあげるのであれば3つある。

1.教室内には時計がなかった

他の会場では時計がある場合もあるので時計がないと残念に感じてしまう。

もちろん時計は持参しているのでそこまで苦痛にはならないが、それでもあった方が嬉しいのが正直な感想だ。

2.3人掛けの机

今回私は一番左側の席で、しかも偶然にも残りの2席は受験者が欠席だったので全く影響はなかった。

しかし、前列では真ん中に座ったおじさんが試験開始前までに2回ほど教室外へ行く場面があり、その度に端っこの受験者が席を立たねばならない状況を目にした。

いやいや、あれはちょっと面倒な気持ちになる。

3.木の椅子は長時間座っていて疲れる

以前経験していたので対策はすべきだったかと思うが、最低でも2時間30分は座り続けなければならないのがTOEIC。

普段はクッション性のあるチェアーにおしりをまかせている私にとって、硬い木の椅子に座り続けることは苦行に近い。

■リスニング

さて、リスニング、今回も早く終わらないかなと余計なことを考えてしまうほどに苦しい時間だった。

こっちがまだ問題を解いているのに、さっさとページをめくる音が四方八方から聞こえてくるのは辛かった。

あの人たちは聞き終わると同じタイミングで次の設問の先読みをしているようなハイレベルな世界の人なのだろうか???

●パート1

最後の1問だけが何を言っているのか聞き取れなかった。

他の5問は今回は自信がある(と思っている)と言ってよいくらい聞き分けられた気がしている。

●パート2

Why,where,whenなどの出だしの単語に注意してリスニングしていたが、100%の自信を持って回答できたのは2割程度だろう。

他は「なんとなくこれかな・・・」という残念なレベルでの回答。

●パート3&パート4

前回判明したのがパート3よりもパート4が私には取り組みやすいということだった。

●【TOEIC受験記】 2017年11月19日第225回の感想と結果を公表

今回もやはりそんな感じだったが、新たにというか、改めて実感したことがある。

確かに先読みで問題に取り組みやすい場合があることは事実だが、いくら設問を先読みしていても聞こえてくる音声が頭に入ってこない問題に対しては効果がないということだ。

悲しいことに何を言っているのか本当にさっぱり分からない問題が私にはある。

そんな問題に対しては「設問を先読みしてるんだから何としてでも正解したい!」という無駄なあがき根性が顔を出してしまう。

冷静に振り返ってみると、そんな問題はさっさと捨てて、次の問題の設問を先読みすべきなのである。

TOEICで少しでも良いスコアを取るためのテクニック、再認識する必要があるだろう。

ただ、今回のリスニングの収穫としては、確実にこの3問は正解していると自信を持って宣言できる問題が2つあったことだ。

これは問題を解いている最中でも思わず小さく左手で握りこぶしのガッツポーズを決めてしまうほどにウレシイ出来事だった。

今後もこんな小さなガッツポーズをたくさんできるようにコツコツ進めるしかない。

■リーディング

第226回TOEICのリーディング、塗り絵したのは前回と同じく15問となった。

成長していないのだろうか・・・・・

いやいや、前回から1ヵ月も経っていない状態での試験なのだから仕方のないことだと割り切ることにする。

●パート5

パートを終えた時の時計の針は13:59だった。これは結構良いペースだろう。

前回が14:01だったので2分短縮できたことになる。

● 【TOEIC受験記】 2017年11月19日第225回の感想と結果を公表

即答できない問題は考えても正解する確率は高くならないと判断し切り捨てたのが良かったのかもしれない。

感触としては7割から8割程度の正解となっている印象。

●パート6

しかし、パート6を終えたのが14:19。

前回が14:15だったのに、今回は何故だかそれよりも4分遅い結果となった。

何よりもパート6だけで見た場合、今回は20分も要している点は怒りがこみあげてくる。

第226回:20分
第225回:14分

もっと積極的に切り捨てる勇気を持って取り組まなければならない。

一文を挿入する問いが私には苦手でついつい考えてしまう悪いクセがある。

その問題は正解している自信がほとんどないため、パート6の正解率としては6割から7割といった感じだろう。

●パート7

この時間帯になってくると、おしりや腰がストレッチをしたくてたまらない状態になっている。

偶然にも私の左前に座っていた若者と同じようなタイミングで腰をストレッチする仕草をしてしまったときは気恥ずかしくなってしまった。

前回アリかなと思ったパート7から解き始める作戦は今回は実践しなかった。

せめて全問に取り組めるようなレベルになるか、もしくは10問程度の塗り絵で済ませられる程度になってから考えようと思っている。

塗り絵した15問以外であれば、7割程度は正解している感じだ。

ただ、ここでも思ったのは先読みしていた内容があまり有効に活用できていない場合があるというジレンマ。

せっかく設問を先読みしているのに、問題を読んでいる最中にその内容をどこかに置き忘れたかのような状態になっていることがあった。

スピードの向上と共に正解率を上げるためには先読みしていた情報をしっかりと生かすような練習も積み重ねていく必要があるかもしれない。

■反省点

パート5での成長があったものの、パート6では余計な時間を要してしまった。

パート5とパート6での最終的な目標は20分なのだから、今回の33分は1.5倍以上の時間がかかっている結果となった。

ただ、パート5とパート6のどちらが時間短縮しやすいのか(私にとって)と考えると、おそらくパート5の文法問題だ。

リズムよく小刻みに回答していけるようなレベルまでパート5を鍛えることができれば最終目標の20分に近づけることが可能と考えている。

第227回TOEICは2018年1月28日(日)、1ヵ月以上の時間がある。

リスニングを鍛えることは変わらずだが、加えてパート5の時間短縮を目標に来年の第227回TOEICの試験まで取り組むことにする。

■結果発表、アンビリーバボーです

オンラインは2018年1月1日???

と予想していたが、1月4日(木)だった。

そして、驚愕のスコアを目にした。

オンライン 2018年1月4日(木)

2018年1月4日(木)13:01 運営センターからテスト結果のメールが届いた。

前回のスコアよりも下がっていなければ最高に嬉しいと思いつつTOEIC公式サイトへログインした。

【TOEIC受験記】 2017年11月19日第225回の感想と結果を公表

そこへ飛び込んできたのはあまりにも予想外のスコアだった。

toeic226-500x183 【TOEIC受験記】 2017年12月10日第226回の感想と結果を公表

思わず一旦ブラウザの画面を閉じて、再度開きなおすという意味不明の行動を取ってしまうほどに考えてもみなかったスコアだった。

700超えてるんですか???

何よりも信じられないのはリスニングで340というアンビリバボーなスコアが表示されていること。

これまでの苦しみを一掃してくれるような清々しいスコア。

ただ、これはおそらくマグレが何層にも重なった結果のスコアと認識している。私のリスニングスキルは向上していない感覚があるからだ。

こんな偶然もたまには嬉しいものだ。

郵送 2018年1月10日(水)着

1月10日(水)に第226回TOEICの試験結果が郵送された。今回はリスニングの平均点がどれくらいなのかチェックしたくてウズウズしていた。

まずはこちら。

toeic226-500x183 【TOEIC受験記】 2017年12月10日第226回の感想と結果を公表

この710という未だに信じられないスコアは何度見ても私を笑顔にさせてくれる。

ただ、パーセンタイルランクを見ると42となっているリスニング、ということは私はリスニングに関しては下位に分類されるということを意味している。

今までが14とか絶望的なものだったので大幅な進歩であることは間違いないが、ちょっとショックを受けた。

続けてアビリティーズ・メジャード。

toeic226-500x183 【TOEIC受験記】 2017年12月10日第226回の感想と結果を公表

平均以上もあれば平均以下もあるというリスニングの結果。

この時点で今回の第226回リスニングの平均点はもしかしたらものすごくハイレベルなのかもしれないという恐怖が・・・・

toeic226-500x183 【TOEIC受験記】 2017年12月10日第226回の感想と結果を公表

なんとか平均点以上のリスニングだったことが分かり、とりあえずは一安心。

リスニングで340取って天井が抜けるほどに大喜びしていたが、冷静に考えると平均スコアに毛が生えた程度であることを思い知らされた。

ふぅぅぅぅぅぅ・・・・

大きく一息ついて、今日もコツコツと英語の勉強をしようと決意した。

スポンサードリンク