toeic231-500x190 【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

2018年6月24日(日)の第231回TOEICの結果、感想を記しておく。

今回で10回連続でTOEICを受験し続けている影響なのか、最近は少しマンネリ気味になっている。

それは慣れてきていることもあるが、スコア的にも横ばいな状況が続いていることが大きく影響していることは間違いない。

 第231回試験会場は?

私は千葉県在住である。しかし、今回は初めて東京都の会場で試験を受けることになった。

何故!!

と、思ったのだが、

赤線で引いたところ、少しみづらいかもしれないが、「本所在地は東京都江戸川区ですが、千葉受験地の会場として使用しています。」と書いてあった。

toeic231-500x190 【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

なるほど、確かに新小岩は千葉の目と鼻の先に位置している。県ごとに区切っているわけではないということが分かった。

今回はわざと締切日ギリギリで申し込んでみたが、それが影響してお隣の東京都に割り当てられたのだろうか。

【謎】TOEIC試験会場を操ることができるのか実験してみよう!

早い者勝ちで自分にとって好都合な受験地が割り当てられる仕組みにはなっていないことは間違いなく確実であるが、申し込みが遅い場合はより遠いところの受験地が割り当ててられるようになるのかもしれない。

 リスニング

何というか、あくまでも感覚的なものであるが、今までの中で一番手ごたえを感じる出来栄え・・・・の予感がしている。

できた気になっている

という悲しい結果かもしれないが、しっかりと取り組めた実感がある。

パート1

5問目の暖炉とバケツの写真の問題?が難しく正解の自信がない。また6問目もイマイチの感想だ。

ただ、他の4問は間違いなく正解できているはずだ。

パート2

これまでのTOEICでは何を言っている問題の方が多かったのだが、今日のパート2は割と理解できている問題が多かった。

ということは、裏を返せば他の人も聞き取れている可能性が高い、という見方もできる。

ただ、例えそうだとしても、今日の第231回TOEICは解いていてイライラに達することなく落ち着いて取り組むことができた。

やはり、何を言っているのかさっぱり分からない内容が連発してくるとイライラは避けられないから、解けている感覚を持ちながら試験に臨めると気持ち的に余裕が出てくる。

パート3&4

適度なペースで先読みができていた。

もちろん、すべての問題を先読みできたわけではないが、今までになくスムーズなペースで先読みできたり、できなかった場合でもしっかりと問題文をリスニングしてスピーディに3つの問題を解くことができていた。

ただ、これもあくでも自分の感覚であり、私は正直に言って、自分の感覚を信じていない。

よって、結果が散々たるものになる可能性は低くない。

それにしても、図表問題は相変わらずの不甲斐なさだ。我ながら思わず鼻で笑ってしまうくらいに。。。

 リーディング

今回の塗り絵は13問。

せめてトリプルパッセージ1つだけでもしっかりと取り組みたかった。

どうして、こうも時間が足らないのか、あれだけスピーディに解き続けていても時間が足りない。

パート5

パート5は13時59分に解き終わった。ということは、15分弱ということになる。

おそらく10分程度で解いていくことを目標にトレーニングしないと、いつまで経っても塗り絵からは卒業できないだろう。

迷った問題は3つくらいだったため、8割程度は正解しているはずだ。

パート6

14時11分に終えたので、12分要したということになる。1題3分の計算だが、このパート6も1題30秒の短縮を目指し、トータルで10分を目標に終えられるようにしたいところだ。

全然分からない問題はなかったので正解率としては最低でも7割程度はあるだろう(と願っている)。

パート7

確か3題目だったと思うが、まったく理解できない問題がありつまづいた。

おそらくこういうところを克服していかないと、いつまでたってもリーディングで400を超えることはできないのだろう。

読み返しは禁止、3秒以上は悩むことも禁止

こんなルールで徹底的にTOEICスキルを磨いていかないとリーディングのスコアアップは望めないのかもしれない。

いつものように7割前後の正解率の予想だ。

 反省点

特に今回感じたのは、集中力が維持できていないこと、それから体調面での衰え?だろうか。

なぜか最近は下半身(太ももやふくらはぎ)がダルイ日が多く、朝目覚めてすぐの段階で既にダルイことが多い。

それから椅子に座っていて立ち上がって歩き出すときの足のダルさといったらこの上ない。

ヨチヨチ歩き

をイメージしてもらえると、どれだけ私の足が情けない状態か分かってもらえると思うが、とにかくダルイ。

今回も高校が試験会場であり、いつものように固い木製の椅子が苦しかった。小中高、そして大学とよくもあんなに硬い椅子に座り続けていたものだ、と今更ながら驚く。

 結果発表 こんなスコア嬉しすぎる!

発表され次第、公表予定・・・・

まさかの結果を目にすることになった。

コツコツとやり続けるということは、こういうことなのかもしれないと感じている。

それにしても信じられない気持ちでいっぱいだ。

オンライン発表 2018年7月17日(火) 

うだるような暑さの3連休の後の仕事初日。

そして、不幸なことに連休中に業務で利用しているアプリケーションが変更された影響で午前中からその使い方やら確認方法などで時間があっという間に過ぎた。

気づけば15時。

思い出したかのようにTOEICの結果が出ているかいつものgmailにログインした。

【TOEICテスト結果表示】というタイトルのメールが13時11分に届いている。

恐る恐るリンクをクリックしIDとパスワードを入力しサイトへログイン。

一瞬、息が止まった。

あまりにも予想外のスコア。

宝くじで1億円が当たったかのような(実際は当たったことがないが)気持ちになり周囲を見渡してしまった。

あまりにも衝撃的なスコアなので前置きが長くなってしまった。

こちらが第231回TOEICのスコア結果だ。

   :
   :
   :

toeic231-500x190 【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

トータルスコアはもちろんのこと、リスニングが一気にスコア上昇!!!!!

リーディングとリスニングがほぼ同じ点数!!!!

これほど嬉しいことはない。

これまでのリスニングの最高スコアは第226回で初めてスコア700超えを経験した時の340だった。

【TOEIC受験記】 2017年12月10日第226回の感想と結果を公表

それが今回の第231回で一気に大幅更新を実現したのだ。

本当に信じられない気持ちだが、できた気になっている、という感覚は間違っていなかったのが嬉しい。

 

郵送 2018年7月24日(火)着予想

予想通りに7月24日㈫、会社から帰ってきたらポストに結果が届いていた。

スコアは既にオンラインで判明していたので気になるのは平均点だ。

toeic231-500x190 【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

リスニングの平均スコアが319。

対する私のスコアは385!!!!!

平均以上であるとは思っていたが、ここまで大幅に上回っていることを目にすると一段と喜びが増す、というより大爆発だ。

思えば1年前くらいはリスニング平均スコアより100点近くもマイナスな状態だったが、ようやく少しは報われた気がしている。

と、喜んではいるが、私のリスニングスキルは信頼できないので、次回の第232回TOEICでは再び逆戻りする可能性も十分にある。

とにかく、今回だけは喜んでおこう。

アビリティメジャードの平均以上のグラフもいい感じだ。

toeic231-500x190 【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

特に真ん中の「短い会話、アナウンス、なれーしょんなどにおいて詳細が理解できる」が100%になっているのを見ているだけでラーメン3杯は食えそうだ。

toeic231-500x190 【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

リーディングについても平均以上となっており、まぁまぁ満足のいく結果だ。

いや、まぁまぁは嘘だ。

今回の第231回TOEICはかなり自分的には満足のいく結果だ。

スポンサードリンク