toeic232-500x186 【TOEIC受験記】 2018年7月29日第232回の感想と結果を公表

経験が通用しない台風が通り過ぎた後の第232回TOEICの結果、そして感想を残しておく。

前回の第231回TOEICでは一気に驚愕のスコアアップを実現できたが、今回は逆戻りしそうな気がしている。

【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

リスニングがもう少しで400に迫ろうとする奇跡を体験できたのは本当に心から嬉しかった。

 第232回試験会場は?

今回の会場は私がこれまで高スコアを叩き出してきたお気に入りスポットだ。

toeic232-500x186 【TOEIC受験記】 2018年7月29日第232回の感想と結果を公表

受験票が到着したときにこの日大理工学部の会場であることを目にすると少しうれしい気分になる。

ここは第226回と第228回のTOEICでスコア700を超えることができた相性の良いところなのだ。

【TOEIC受験記】 2017年12月10日第226回の感想と結果を公表

【TOEIC受験記】 2018年3月11日第228回の感想と結果を公表

今回のその御利益にあずかりたい!!と願っている。

 リスニング

前回思いもかけずリスニングで385を叩き出したが、やはり私のリスニングスキルは信用できないことが判明した。

何も聞き取れない設問もあったりしたので、とてもではないが今回のリスニングは385に遠く及ばない気がしている。

パート1

ピザ?にソースをスプーンで塗っている問題を見ていたら少しお腹が空いていることに気付かされたが、概ね正解している印象だ。

最低でも4問は正解しているだろう。

パート2

最初の単語に注意を傾けるのがポイントのパート2では、確かに最初のwhenとかwhoとかの単語は聞き取れるようになっている。

しかし、その後の内容がしっかりと耳に入ってこないため、全体で何を言っているのか把握できないことが多い。

本当に悩ましいところだ・・・。

パート3&4

前回は調子よくスムーズに取り組めたと書いている私。

【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

確かに今回も先読みできているケースが以前と比べると多かったが、途中で完全に集中が切れたのか何を言っているのか聞き取れなかった設問が2つあった。

本来であれば、1つでも多く単語を聞き取れるように鬼集中しなければならないのだが、今回はできなかった。

それでも今回の収穫は図表問題をしっかりと解けたことだ。

 リーディング

成長しない・・・と、言い続けて1年。

今回も15問塗り絵で終わってしまった。一体いつになったら全問解けるスキルを身につけることができるのだろうか。

そして、全問解いている受験者はどんなスピード感でやっているのだろうか。

パート5とパート6の速度を上げることも必要だが、それ以上にパート7での時間短縮が必須であるのだが、なかなか実現する術が見いだせないのが苦しい。

パート5

解き終わったのは13時58分。

いつもと同じくらいの難易度で特別に難易度が高いとは感じなかった。

全問正解している自信はないが、即答できない問題が3,4問はあった。

その時は一切迷わずに直感で感じた選択肢をマークした。こうでもしないかぎりリーディング全問解くことは不可能であるとわかっているからだ。

それでも結果的に12分を要しているのだから、理想とする10分までは近いようで遠い。

パート6

14時8分に解き終わったのでここで費やしたのは10分。

そこそこのペースで問題ないと感じている。

パート6に限らずだが、私はどうも先読みした情報を上手に脳みそにキープしておくのが下手くそだ。

せっかく先読みしていても、結局再度読み返したりしてしまっている。

ここがリーディングを全部解けない原因であることは間違いない。

パート7

今回は集中力が続かなかった。14時30分頃にどうしても集中できない状況になった。

全問解けない状況で私が言うのもなんだが、いつもよりも難しい問題が多い気がしている。

その結果として集中力が途切れてしまったのかもしれない。

シングルパッセージはテンポよく取り組めるが、ダブルパッセージになるとリズムが悪くなる。

いつもより出来が悪い気がしている。

 反省点

そろそろリーディングで400を超えたいと感じているが、かなり難しい。

何かきっかけというか、新たな取り組み方でも取り入れないとその壁を超えることはできない気がしている。

ただ、それが一体何なのか、今はさっぱりわかっていない。

とにかく、今回はどうしても前回と比較してしまう分、出来が悪かった印象に終わった。

 結果発表 まさかの逆転現象!!

今回の結果は嬉しさ半分、悔しさ半分という感想だ。

出来の悪さを予想していたが、まさかの結果が目に飛び込んできたのは嬉しさを感じている。

オンライン発表 2018年8月20日(月)予想

今回は初めてメールでお知らせを受ける前に自らTOEICのサイトにログインして結果をチェックした。

会社でお昼休みになった瞬間にチェックしたので大体12時位だろうか。

そして見に飛び込んできた結果がこちらである。

toeic232-500x186 【TOEIC受験記】 2018年7月29日第232回の感想と結果を公表

リスニングがまさかの400点間近!!!

そして、初めてリーディングのスコアを上回るという逆転現象!!!!!

今までのTOEICではリーディングのスコアがリスニングの低スコアのカバーをしていたが、ここにきてその状況が逆になってしまった。

【ROAD TO 800】TOEICスコア成長の記録

試験を受けた直後に感じていたように今回は前回と比べるとかなり悪いスコアになると思っていたのだが、リスニングに助けられた結果となった。

【TOEIC受験記】 2018年6月24日第231回の感想と結果を公表

と、同時にリーディングはここ1年でほとんど成長していないことが如実になったわけで、いよいよ本格的にリーディング対策を本気になって開始しないとマズイと思っている。

それにしても、前回に比べて全然手答えがなかったにも関わらず755というスコアが出たことには本当に驚いている。

今回に限っていえばリスニングさまさまということだろう。

郵送 2018年8月28日(火)着予想

予想を裏切り郵送での結果は8月24日(金)に届いた。

平均点はいつものごとく、リスニングが320前後、リーディングは260前後。

toeic232-500x186 【TOEIC受験記】 2018年7月29日第232回の感想と結果を公表

Percentile rank(パーセンタイルランク)に注目してみると、あのリスニングでヒーヒー言っていた私が上位36%に入っているという涙が出る程にうれしくなる結果だ。

toeic232-500x186 【TOEIC受験記】 2018年7月29日第232回の感想と結果を公表

リーディングは上位30%だが前回は上位20%に位置していたので残念な結果になっている。

そしてさらに誇らしいのがアビリティーズメジャード。

前回に続いて全ての項目で平均点を上回る結果を叩き出した。

toeic232-500x186 【TOEIC受験記】 2018年7月29日第232回の感想と結果を公表

特に真ん中の「短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる」は前回に続いての満点!!

toeic232-500x186 【TOEIC受験記】 2018年7月29日第232回の感想と結果を公表

リーディングもなんとか平均点を上回ることができているがヒヤヒヤものだ。

第232回のTOEICは試験直後の感触としてはダメダメな感じではあったが、こうしてそこそこのスコアを取ることができた。

さっぱりわからん。。。

TOEIC試験慣れしているだけ、という評価が妥当なのかもしれない。

正直、最近はTOEICの勉強も以前ほどの熱意がなくなりかけており、モチベーションの維持が課題になってはいる。

とりあえずスコア800までは何とか踏ん張らねば!!

スポンサードリンク